« blog移行 | トップページ | 都市圏活断層図 »

2005.03.20

凄脛選手権

下関市のフィールド幸楽トライアルパークにて、2005年の凄脛選手権は幕を開けた。

今年は10/9に全日本選手権九州大会がこの【幸楽】で開催されることになっており、運営面でも全日本を意識した方法を採用されていた。久々の九州主催大会ということなので、スタッフの方々も準備で大変なことだろう。

ちなみに、下関は九州ではない。
「そんなこたぁ分かっとるわい」と言われそうだが、念のために。。。

直前まで参加は無理だな、と思っていたが、なんとか工程に空白の1日が出来、前日の朝にwebでエントリー。
『クラスは横綱にしてみるか』ということで、思い切って一番上のクラスにエントリー。

が、今朝現地でセクションを見て『おえっ!』

実は、この時には横綱は赤マーカーと思っていた(去年まではそうなっていた)のだが、赤は怖いポイントが多く、青マーカーでも十分に苦しみそうな設定だった。

「横綱(赤)やめて大関(青)にしよっかな」と下見中に溢すと、
「横綱は黄色で大関は赤ですよ」との返答。

「うそぉ~。ってことは、青は小結ってこと?」
「今回はエリートも来てるんで、そういうことになりました」

ということで、怖いと思っていた赤マーカーは大関クラス。あぁ勘違い!
横綱は当然のように無理だし、大関も怖いし、ここは小結でnew bikeの腕試しか。

が、「MASさんは赤だよね」との呟きに、仕方なく怖い赤マーカー(大関クラス)にエントリー。
まぁ全日本の青マーカー(オープンA)を考えたら、赤くらいは走れんとなぁ。。。

で、結果は大関9人中の7位という散々な結果。減点は5セクx2ラップで45点(50点満点)、ぐぅ(--;
とりわけ異彩を放つnew bikeで極めて平凡な走り。いや、平凡にも至らない走りか。
まぁ欠点が浮き彫りになったことだけでも収穫としなければいけないのだろう。と言いつつ、欠点が多すぎて対策をどのようにすればいいのかが分からないのが一番の問題。もちろん『練習あるのみ』なんだろうけど。

ところで

午前中(青マーカー以下の選手だけが走っていた)に突然、
「地震だぁ~!」とオブザーバー【みやっち】の雄叫び。
さすがに自転車に乗っていたら分からなかったかもしれないが、少なくとも立っていたら十分に分かる揺れ具合。これはかなり大きい地震のようだ。

しばらくして、地震の状況が気になったのか、多くの選手やスタッフが本部前に集まってきた。
ラジオ報道に耳を立て、九州の方々は自宅等へ電話するも、制限がかかっているようで通じない。とりあえず携帯メールで連絡することを勧める。こういう時は携帯メールが重宝する。
色々あったものの、午後の部のスタートを早めることとなり、予定より2時間くらい早めて大関と横綱がスタート。交代でオブザーバーをする予定だったろうに、スタッフの方々には突然の災難となった。
まぁ、地震による被害が大きくなっていないことを祈るばかりではある。

そんな感じで色々なことがあった凄脛選手権の開幕戦だが、秋にはこの場所で全日本開催。今から楽しみでならない。
中部以西の方々にとっては、『下関?遠いよ!』なのかもしれないが、なかなかイイ会場なので、ぜひともお越しいただきたい。

会場も駐車場も広く、起伏もあり、沢も斜面もロックもあり、そして、高速からのアクセスも良く。。。
いいですよ、幸楽。 【おいでませ、幸楽へ】

|

« blog移行 | トップページ | 都市圏活断層図 »

コメント

MASさん、こんばんは。

地震、大変でしたね。被害が少ない事を心よりお祈りしております。

地震大国静岡と言われ続けてますが、大した地震も無く、他地区で起こった地震を見て
「いかん、いかん。うちも備えないとな~」
と気が引き締まります。

ダニ降り中の地震でなく、とりあえずはよかったですね。

投稿: 大塚@Speed race | 2005.03.20 22:09

そうですよね。
地震が起きないのに越したことは無いのでしょうが、東南海地震はそうもいきそうにないですし。
私も他人事ではないのでしょうが、日頃の準備が大切ですね。心も物資も。

ダニ降りは残念ながら出来ませんのです。出来るのは数10cmなので、それなら沿わして降りれるし(--;
今日もヒラ~ノの連発でした。BB高いのでヒラ~ノにはうってつけです(^^;

投稿: MAS | 2005.03.20 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79040/3371242

この記事へのトラックバック一覧です: 凄脛選手権:

« blog移行 | トップページ | 都市圏活断層図 »