« いよいよ開幕 | トップページ | オーバーホール »

2005.04.10

第15回呉ポCUP

昨日はバタバタして昼前に自宅を出発。

呉ポへ行く途中に自然地形ある公園で翌週に迫った全日本対策をしようと思っていたのだが、その公園に到着してみたら花見客で駐車場は満車。
『しまった! 桜の名所だったんだ、ココ』
と、その公園での練習を断念し、呉ポへと向かう。

3時頃に呉ポに到着すると、既にセクション設営が始まっていた。
Jセニ最長老のN崎師匠が、忙しい仕事の合間を縫って木製セクションを新たに製作している途中だった。

新作セクション

さすがは本職、面白そうな木組のセクションが次々に出来上がっていく。今までも、色々な木組セクションを作ったり、ゴロ岩を持って来たりして、トライアル広場をより楽しいものにしてくれている。その走りやトライアルに打ち込む姿勢にも見習うことは多いが、こういった環境整備も見習わなければいけないと常々感じている。


なんやかんやで、夜の9時頃には全セクションが完成。
ちなみに、夜になってセクション設営ができるというのも、この呉ポのトライアル広場ならでは。

そして一夜明け・・。

00sakura

前夜の予報では朝から雲行きが怪しげだったが、今朝は青空も広がり絶好の大会日和。
朝の予報では『3時くらいから雨になる』ということだったので、『なんとか競技時間中は降らないで』というのが参加者全員の思い。


34-am 41-am 43-am

午前中(初心者~青クラス)は天気の心配もなく、笑えるシーンもちりばめながら和気あいあいと大会は進行。


51-super 52-super

ランチタイム中に天気が徐々に怪しくなりかけたので、午後(赤・黄)は少し時間を繰り上げてのスタート。
黄色(スーパークラス)は一人づつちょっとした技を披露してからのスタートというのも呉ポ流。

大会関係者以外にも、多くの通りすがりのお客さんが見ているのが呉ポの特徴。走る側も見る側も楽しめる大会というのがスタンスとしてあるわけで、もちろん、勝負にこだわる姿勢も重要だが、それ以上にトップ選手達は見る側の期待に応えた(あるいは想像以上の)超絶なライン取りで楽しませてくれる。

小さな公園での地方大会ではあるが、考えてみたら凄い大会なわけである。
参加選手もそうだが、この大会の環境というのは。

大会リザルトはこちらをどうぞ。

|

« いよいよ開幕 | トップページ | オーバーホール »

コメント

MASさん、こんばんは。

呉ポcupの記事、楽しく読ませて頂きました。MASさんも2位をGETおめでとうございました。

大変楽しそうな大会ですね。いつかは参加したい大会の一つなんですが・・・遠いのが問題ですね。
でもいつかは・・・。その時は宜しくです。

投稿: 大塚@speed race | 2005.04.12 22:55

いやぁ、お恥ずかしい。
おととし青で1,2,3位になり、去年は赤に挑戦してたんですよ。
今回は青に出戻りして『なんで午前中に走っとるん?』と言われながらの2位。
まぁ本人が楽しんだのでそれでヨシですけどね(^^

ぜひとも静岡の皆さんでお越しください。N山さんも喜びます。確かに遠いですけどね。

投稿: MAS | 2005.04.12 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79040/3650929

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回呉ポCUP:

« いよいよ開幕 | トップページ | オーバーホール »