« 5.15全日本:セクション考 | トップページ | 5.15全日本:セクション5~8 »

2005.05.17

5.15全日本:セクション1~4

part1  part2  part3  part4

01sectionmap

では、オープンAクラス(青マーカー)のセクション1~4について。

02sec1-1

1セクは青以下(オープン・ベンジャ・プッシン・フェミナ)と赤以上(エリート・マスター・Jセニ・エキパ)が、インしてすぐに別コースとなる設定。
最初の部分は漕いで登れる程度の斜面を走り、写真では判らないが助走の取れない80cm程のステア(木の根orコンクリートBOX)を上がる。下見では『コンクリートBOXに前輪を置いて一気に後輪を引き上げ』と考えていたが、予想以上に体勢が厳しくて足着きを余儀なくされる。

03sec1-2

続いて、1セクのキモとなる区間が立ちはだかることになる。
下見の時点では、『最初の岩盤斜面で撃沈だな』と思っていたが、足着きを繰り返していると滑りやすい深い溝部分の直前まで到達。
『うわっ、ここまで来ちゃった』と驚き、全くなすすべも無く自ら5回目の足着きをして終了。
まぁ2ラップとも溝部分まで行けたので、自分的には大満足。
仮にこの溝部分をクリアしたとしても、アウト直前に強烈な下りが待ち構えているので、万が一にも間違って進めていたら、顔面着地で昇天・・。
予想通り、オープンAではこの1セクが勝負セクションとなり、抜けることが出来たのは優勝した横関優クンだけ。

うん、想定の範囲内だな。

続く2セクは、『足を着いたらヤだな』と下見で思ったセクション。

04sec2-1

一つ一つは地方大会の青マーカー程度の難易度で、中年ビギナーが唯一クリーンを狙えるセクション。
でも、1Lapでは最初のステアを上がった瞬間にバランスを崩して1点ゲット。その後のヒューム管越えを異常なまでに慎重に時間を費やして進んだことが、ちょっと情けなかったりしている。
どなたか存じ上げないが、脇からローアングルで私を撮影されていたようだし・・。

05sec2-2

2セクの後半は、ちょっとしたガラガラ部分を抜けたら終わり。激太タイヤを擁して颯爽と漕いで走り抜けたかったが、点数稼ぎたくなかったので地味ぃに小刻みに進んで抜ける。2Lap目には待望のクリーンも戴けたので、ほっと一安心といったところか。

06sec3-1

3セクのインは全クラス共通。エリートの選手達は物凄いスピードで駆け抜けるのだが、中年ビギナーはエッチラホッチラと時間を費やして進むしかない。多分、漕いでも進めるのだろうが、滑った時に対応できそうにないので小刻みに進む。
などと言いつつ、小刻みに進みながら足を着いてしまったような気もするのだが・・。

07sec3-2

この区間は、ちょっとした斜面を登って降りて、といった感じ。ただ、溝が少し掘れており、多少ぬかるんでいたので、『思わず足出しそう』と下見で思っていたが、案の定トホホな足着き。
エリートも混じって渋滞待ちしている時に、こういう区間で足を出してしまうのは本当に凹んでしまう。まぁ、それが実力なんだから仕方ないのだろうが。

08sec3-3

で、ここが3セクのキモ的な部分。矢印通りに一気に駆け上がってクリーンを出した選手もいたが、漕ぎが下手な私は途中で失速。仕方なく2回の足着きを使って上がる。

はい、予定通りの足着きヒラノには絶対的な自信を持っておるのです。

でも、上がった時点で既に4回の足着き。残り15秒という声を聞いて、何故か焦ってバランスを崩してジ・エンド。
あとは下るだけで終わりだったのに・・。まぁ、これも実力と納得。

09sec4-1

コースの一番上にある4セクまでは普通に歩けば10分くらいだろうか。最初だけは途中までダッシュで漕いで走っていたが、1Lapの最後を回る時点ではヒイヒイと汗かきながら押し歩き。やっぱり基本的な体力強化も必要だな、移動時間の節約も必須だし。
で、セクション自体は青マーカーはこじんまりした感じ。エリートでは信じられないような斜面上がり&斜面下り(斜面落ちに見える)もある。

10sec4-2

4セク中盤はこの溝部分に降りてから右ターンして上がる設定だが、予想通りにここで足着き。やっぱり、こういったグリップの悪い場所での走破性というのがキモになるのだろう。いくら派手な技がメイクできても結果は出せない。まぁ、派手な技も出来んのだけれど・・。
写真は無いが、この中盤に来るまでに最初にちょっとした下りがある。下見時点では『普通に降りれるな』と思っていたが、すぐ前の選手が前輪を滑らせて前転。途端に怖くなって、下る直前で足を着いてしまった。2Lap目は一気に、と思ったが結局は同じ足着き。エリート選手から「大丈夫!行ける行ける!」と励まされながら下った。
誰にでも大きな声で応援してくれる飛里クン、私は以前からファンです(ハート)

11sec4-3

4セクの最後は数10cmx2段のロック越え。
下見では『前輪置いたら一気に行けそう』と踏んでいたが、いざ本番でやろうとすると前輪を置く段階まででも必死な状態。絶妙な配置になっており、ステアやペダル掛けも困難(というか私には無理)。
結局は2ラップともこのロックで撃沈して終了。

- - - - - - - - - -

結局のところ、1~4セクで抜けることが出来たのは2セクだけ。
余分な足着きを無くして、想定の範囲内で足着きを的確にしさえすれば、3セクと4セクは抜けることが出来ていたのかもしれない。

って、余分な足着きを簡単に無くすことが出来りゃ苦労せんわなぁ。

明日の5~8セクに続く・・。

|

« 5.15全日本:セクション考 | トップページ | 5.15全日本:セクション5~8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79040/4166734

この記事へのトラックバック一覧です: 5.15全日本:セクション1~4:

« 5.15全日本:セクション考 | トップページ | 5.15全日本:セクション5~8 »