« 5.15全日本(椎の郷) | トップページ | 5.15全日本:セクション1~4 »

2005.05.17

5.15全日本:セクション考

part1  part2  part3  part4

時間が経つとドコがどのセクションだったかも忘れてしまうので、個人的なメモという意味もあって全日本第2戦のセクションについて書き留めておくことにする。

受付で渡された開催要項を見て『はぁ~』と溜息。
オープンAクラスのスタートセクションは5セクからと指定されていた。

01sectionmap

椎の郷に行ったことのある人なら分かるだろうが、標高的には8,7,・・,4と順に高くなっている。

つまり5セクスタートということは【競技開始時点で一番上から2番目の場所に移動しておかねばならない】ということになる。
一番上からのスタートではないのだから最悪ではないように思えてしまうかもしれないが、冷静に考えると一番キツイ移動パターンとなってしまう。
最初に5セクまで上がってから順に下がって行き、1Lap最後に4セクまで再び上り、最後の2Lap終了時点で再び4セクだけのために上がって行く。つまり、オープンAは移動でほぼ3往復するということ。
1~3セクスタートなら2往復で済むし、4セクスタートでも一緒。5~8セクスタートだと、2往復+最初のスタート地点までの移動が加わることになる。その中でも一番移動距離が長いのがオープンAということ。次いで6セクスタートのエリートも長いということになる。

オープンAはセクション難易度が相対的に簡単なクラスだとはいえ、平均年齢では他クラスよりも高いような気がしている。歩くだけなら問題ないのだが、自転車に乗った後にダラダラした坂道を押して上がるのは、やはりキツイものを感じた。

いや、単純な体力的キツさというより、持ち時間との関係でキツさを感じた人も多かったかもしれない。
そのせいだけではないのだろうが、5セクスタートのオープンAと6セクスタートのエリートにタイムペナルティーを沢山貰ってしまった選手が多いようだ。

もちろん、出場選手が多いことによる渋滞対策もかなり練られており、1セクと5セクについては【入り口は一緒だが途中から青以下と赤以上で別コース】という新しい試みもなされていた。
オブザーバーの人数を揃えるということだけでも、関係者の皆さんの御苦労が察せられるが、そのセクションについては渋滞もほとんど無かったように記憶している。というか、オープンAに関しては1セクと5セクは難度が高く早々に5点を貰った選手が多かったということもあるが。
そういう面では、どのクラスも長く時間を費やすしそうなセクションに、このようなダブルセクション?を適用するのが効果的ということになるのだろう。
もちろん、セクション設営時に想定した選手の走りと実際の走りに意外な乖離が出てしまうことも現実には多いわけで、今回もそういう面があったのだろうと勝手に察している。

偉そうな事を書いてしまったが、一参加者としての感想というか、今後ためのメモ書きということでご勘弁願いたい。

- - - - - - - - - -

セクション考などと大きく出たものの、他クラスのマーカーなど見る余裕があるわけもなく、見たとしても『スゲェトコにあるなぁ』と驚いて終わり。

というわけで、自分が走った青マーカーのOpenAクラス(ベンジャミンも同じ)についてだけ、写真付きで簡単に記しておくこととした。

少し導入部で長々と書き過ぎてしまった感もある。続きは1,2セクあたりからまた別途書くこととする。

|

« 5.15全日本(椎の郷) | トップページ | 5.15全日本:セクション1~4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79040/4161306

この記事へのトラックバック一覧です: 5.15全日本:セクション考:

« 5.15全日本(椎の郷) | トップページ | 5.15全日本:セクション1~4 »