« 呉ポスクールpart4 | トップページ | Oyazy祭り »

2005.06.02

呉ポスクールpart5

呉ポスクール編の最終章part5は、インストラクターについて。

s-1
こちらは島っ子3人衆。私が言うのも変だが、ここ最近は特に大技も小技も著しい上達ぶり。いったいどこまで進歩を続けるのか。

そんな島っ子インストラクター達を喜ばせたのが、先月の全日本静岡大会でエリート3位となったMasayaクンの突然の呉ポ来襲。

s-2
スクール終了後に島っ子達と練習するMasayaクン。

s-3
ステア上できれいな体のたたみ込みを見せるTakuくん。

s-4
同じポイントを前刺しから入れ替えでクリアするNaruくん。

ありゃりゃ、プーさんの写真が撮れてなかった。ゴメン。
とにかくお互いに刺激を受け合って楽しそうに乗っていたのが印象的だった。

そして、インストラクターといえば『教える側』ということになるのだが、『教える』ということは意外と『やる』ことよりも難しく、『できる』イコール『教えることができる』というものではない。そういう意味では、教える側に立つということもいい勉強になるということだろう。

最後に、広島の、いや、全国の40代の希望の星であるN崎師匠の勇姿。

s-5
スクール直前にリアディスクに変更。仕様は某国際エリートと一緒とか。
まだリアブレーキの細かい感覚に不慣れだったようで、ダニ跳び大会の結果は不本意だったかもしれない。


- - - - - - - - -
会場にポスターが貼ってあったので、来月の呉ポCUPのお知らせ。

s-6

7/3(日)は呉ポーCUPの5周年記念大会ということで、午前中に初心者~ハードクラスまでを行って、午後はスーパークラスだけで予選と決勝を行う予定とのこと。BJUのエリートとマスターは招待選手扱いということでエントリーは無料。
昨年のクリスマス大会と同じ趣向の大会、一般人は午前中に乗って楽しみ、午後は見て楽しむ。また午前のエントリーが多くなりそうな予感。

もちろん国際エリートもOKなので、ココ見てたら予定に入れておくべし。
スペイン勢もフランス勢も、揃って来てみんさいや。ええとこじゃけぇ。
そうじゃ、ユニのKrisHolmくんも私の独断で許す。一度くらい呉ポへ来んさい。

|

« 呉ポスクールpart4 | トップページ | Oyazy祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呉ポスクールpart4 | トップページ | Oyazy祭り »