« 任意保険更新 | トップページ | 10.30全日本(猪名川)part2 »

2005.11.01

10.30全日本(猪名川)

part1  part2

今年の全日本第2戦(椎の郷)から恒例のようになっているが、写真を見ながらでないとセクションを思い出せない記憶力の乏しさ故の、ワタクシ的視点による備忘録的な青マーカー(ベンジャミン&オープンA)のセクション紹介をさせていただく。
(リザルト⇒BJU近畿BJU本部

sec-map
セクションマップは主催者配布資料を拝借してトリミング。

前日にじっくり下見して、その時に写真撮影しようと思っていたのだが、なんとなく体もダルくて1~3セクを軽く見ただけで前夜祭に突入。翌朝もダルさが抜けず、上の沢の下見を簡単に済ませ、いざ本番。
写真撮影せずに帰ろうかとも思ったが、下見した時点でも『どのセクションがどうたったが』さえ覚えていない状態で、『これじゃ大会で走り終えても覚えてなさそうだな』ということで、本番の順番待ちの時に簡単に撮影することにした。

第1セクション)
sec1
実のところ、このセクションはインすらしていない。今までの全日本では、せっかくの機会だから(無理だと思っても)全セクションを一度はトライしていたのだが、今回の1セクだけは嫌なイメージが先行してしまい、最初から申告5点を献上。(実際には2セクからのスタートだったので1ラップ目の最後のセクション)
実は、とても嫌なポイントがあって、そこまで行くのが怖かったというのが本音。まぁ、実際にインしてても、そこまで辿り着けたかどうかは怪しいのだが・・。
結果的には、オープンAでここを抜けたのは2人だけで、それも1回づつ。寂しいけど妥当な判断だったと自身に思い込ませる。

第2セクション)
sec2
最初に小さなステア(写真の左に外れた部分)があるが、これは問題なしで、問題はそれから右の沢に下りた丸印で示した区間。この区間は青・赤・黄が同じなのだが、赤の選手でも何人かが足を出してしまった様子。何本かのツルツル丸太が斜めに立掛けられており、丸太にタイヤはもちろん足を着いても転倒しそうな感じ。
で、私は丸太には足を着かなかったのだが、バランス崩して斜面に足着いた瞬間に滑って即5点。『目の前でクリーンで抜けたベンジャの子のイメージで走ってみるか』なんてこと思ってしまったのが間違いか。2ラップ目は無理せず慎重に自ら足着きをし、なんとか3点で抜けることが出来て一安心。

第3セクション)
sec3
ひとつひとつのポイントの難易度はそんなに高いわけでもなく、『運が良ければクリーンかも』なんてことを心の片隅に抱きながらトライしたら、左端の岩のターン付近でバタバタ。まぁ、それも想定の範囲内ではあったのだが、それに続く根っ子越え部分で自分でも意味不明の転倒5点。よくあるんですわ、咄嗟に足着いたら滑って転倒・・っての。2ラップ目は抜けたい一心で足着きしながら3点でアウト。

第4セクション)
sec4-1
前半は一番苦手なガラ石セクションで、中盤にはえぐれた谷部をちょっと飛ばして渡るポイントがあり、最後に根の張った斜面を一気に下る設定。

sec4-2
コレが中盤のえぐれた部分。1ラップ目はバランス崩して足を出したものの、なんとか渡ることができ、最後の下りもビビリながら3点でアウト。下見の時点では『2セクと3セク以外はアウトできないかも』と思っていたので、3点でも嬉しかったというのが本音。2ラップ目にはちょっと色気を出し、『もう少し軽やかに抜けて・・』と思ったのが間違いだったのだろう。渡そうとした前輪を滑らせズリズリっと無惨にも転倒5点。

第5セクション)
sec5-1
ここは『運が良ければアウトできそう』と思ったセクション。運任せというのも哀しいが、前半部分がガラ石区間をジワジワと登る設定なので、私のレベルでは狙い通りにいかないことは十分に自覚済。

sec5-2
結果的に、両ラップとも抜けることが出来たのは5セクのみ。どちらも3点というのが残念だが、リザルト見たら5セクに限れば良い方だと気付いてちょっと安心。
2ラップ目(3回の3点)のパンチを貰う時、「1ラップ目(4回の3点)より1回足着き減りましたね」とオブザーバーの方に笑顔で言われたのはとても嬉しかった。

第6セクション)
sec6-1
登って右ターンする前にちょっとした窪みがあり、そこが最初のポイント。1ラップ目は思うようにいかずに足出したところが滑っての転倒5点。2ラップ目はバタバタで右ターンまでは進んだものの、その次の下りでビビリが入って自爆の転倒5点。下見の時点で『この下り怖い』と思っていたのに加え、1ラップ目に上位クラスの選手が転倒したのが私のビビリを強調させてしまったようだ。ビビリ癖を治すには、やっぱ練習あるのみなんだろうけどなぁ・・。

sec6-2
ちなみに最後のあたりはこんな感じ。白マーカーも結構な斜度を登る設定でキビシそう。でも、リザルト見たらほとんどのプッシン選手がクリーン出してるって、やっぱ凄いわ。

第7セクション)
sec7
インしていきなり、岩場と根っ子の合体した下りという、私が一番ビビるポイント。ちなみに白マーカーはスタート位置が別になっていた。けど、白も中盤から厳しい登りが続く。
案の定、2ラップとも1~2回の足着き(バランスを崩したというよりは、ビビって足が出てしまったというのが正解)をし、僅かに登りの入ったガラ石区間へと続く。このガラ石区間は、別になんてことないようなのだが、『アレっ?』という部分で足が出たりする。そのガラ石を終えると最後の難関である急斜面登りが待っているのだが、残念ながら2ラップともその手前で5点を費やして強制撤去処分。
後で考えたら、転倒5点が無かったのは7セクだけ。
地面と仲良くした猪名川大会。そう、地面が好きなのね、仕事柄・・

第8セクション)
sec8-1
わりと急な斜面をズズーンと横切るセクションで、最初にちょっとだけステアというか小さな岩越え。練習とかなら一気に越えると思うのだが、時間的には十分余裕のあるセクションだし、ここは慎重に前輪を置いてから一気に後輪引き上げへ。1ラップ目は何の問題もなく次のポイントへと進めたが、2ラップ目には引き上げが足らずに足を出してしまった。
その理由は私の実力と言えばそれまでだが、近くでレンズを向けていた人が居たから。ダメなのね、トライ中にカメラ向けられるの。頼むから私のような中年オッサンにレンズ向けないでちょ。緊張してボロボロになっちゃうから・・

sec8-2
で、1ラップ目はえぐれた部分で失敗して5点。2ラップ目はバタバタでその部分は越えたものの、その次の下りで失敗して派手に転倒し、またもや地面と仲良しさんに。後で考えたらココは抜けたかったなぁ・・


そんな感じで全8セクションの紹介は終了。

ベンジャミンの選手にとっては神経戦を強いられるセクションだったのかもしれないが、オープンAにとっては割とイイ塩梅の難易度設定だったように思う。強いて言えば、もうちょっと難しいポイントがあっても良かったのかも。
満点に近い私が言うのもナンだけど・・。

|

« 任意保険更新 | トップページ | 10.30全日本(猪名川)part2 »

コメント

主催者側として色々考えて作ったセクションを選手が紹介するなんて、なんだかとても嬉しいことですね。
個人的には、私も下りビビリなもんで、MASさんがビビッた下りは私もイヤですよ。
他の選手が下るのを見てると簡単そうなんですけどねえ。

しかし、オープンの難易度は、難しいですね。
ベンジャミンと同じ設定ですからねえ。
ベンジャミンはレベルが高いから、ベンジャミンに合わせてしまうと、オープンは走れないし…
リザルトを見ると、ベンジャミンの上位選手だけが
良すぎですね。
明らかに難易度が足りなかったのでしょうね。
個人的には、ベンジャミンは、別にマーカーをつけるべきかもしれませんね。
そうでないと、ベンジャミンの選手には物足りないセクションとなるんじゃないかなあ。
次回の検討課題かもしれません。

エリート、マスターのラインを分けたのは正解だったと思います。
20インチと26インチの特性を考えると、分けるべきでしょうね。

全体的には、良いセクションだったなあ。と役員一同は満足しています。ハイ(*^_^*)
しかし、ここのブログはよいですねえ。
セクションをこのような形で振り返れるなんて嬉しいです。

投稿: むらおか | 2005.11.01 22:59

むらおかさん、こんばんは。
どうしても下りではビビリ足が出てしまうんですよ。4セク最後の木の根を斜めに横切る下りも実はかなり怖かったんです。
ただ、諦め半分で下ってみたら『そうでもなかった』んですけどね。6セクの下りも、ビビらなければ『なんてことない』ような気もしてます。
私の場合はポジションが異様に高いことも影響してる、と言い訳してみたり・・
やっぱ練習で色々と失敗する経験積まないと、限界が分からないってのも大きいでしょうね。

難易度に関しては色々と考え方はあると思いますが、現状の各クラスのライダーの実力を考えたら、以前の【青:ベンジャ&エキパ】ってのがベースとしては妥当なんでは?と思っています。赤と黄についても以前の分け方が現状に合ってるような・・
もちろん、将来展望とか世界の現状を考えたら今の分け方が良いのかもしれませんが、全日本に関してはもう一度考える必要があるように感じています。
(単純に以前の分け方に戻すという意味ではなくて)

一会員の勝手な意見ではありますが、以前と現在の折衷案的なのがヨロシイのではないかと思っております。

投稿: MAS | 2005.11.01 23:54

それと、現状のクラス分けであるなら、オープンから昇格すれば赤マーカーになるわけで、ベンジャに合わせてオープンの大半が出れないようなセクションがあっても別に良いと思いますよ。
危険なのと難しいのは別ですから、難しいのが多少増えたってヨロシイんじゃないかと。ただ、ポイントは少なく、でも難しくってのがいいような・・

投稿: MAS | 2005.11.01 23:59

確かに昇格を考えると、次は赤ですから厳しいですよね。
ただ、オープンをあまりにも難しくしすぎると、参加する人が限られるんじゃないかと…
マイナースポーツであるバイクトライアルの門戸をもっと広げる意味でも、楽しめるセクション設定で良いと思いますよ。オープンなんですから。
少なくとも半分位のセクションで半分以上の選手が「うまくいったらクリーンかも」なんて思える設定とか。

今回の近畿大会はオープン参加者があまりにも少なかったと思います。
何が問題だったのかな。
それだけが主催者側としては少し残念。
全日本の敷居が高いのかなあ。なんて思ったりしています。
まあ、全日本なんだから厳しく。のんびりやりたい人はローカル大会に出たらいい。…という意見も確かにあり、そのとおりなんですけどね。

投稿: むらおか | 2005.11.02 08:31

最終戦でオープン参加が少なかった理由は、単純にそれが最終戦だから、ってのが一番じゃないですか。毎回昇格者が出て減っていくわけですし・・
セクション難易度については色々な考えがあろうとは思いますが、個人的には今くらいが嬉しいですね。せっかくだから少しヒイヒイ言うくらいでないと楽しさが半減しそう。
ワタシ、Mですから・・

投稿: MAS | 2005.11.02 09:31

毎度毎度臨場感あふれるレポートお疲れ様です。
「えっと・・・俺ならここをこう行って、こうやって・・・」と出来もしないくせに妄想だけで全日本を走っています。(笑)
個人的には去年の全日本椎の郷の全セクション覚えています。更にさかのぼれば、10数年前に走った全日本のセクションも。ま、事故による脳挫傷で1部完全に飛んでしまった記憶もありますがね(笑)
前出のMASさんの書き込みにもあるように、俺もほとんど下見をしません。単純に「どこを通るの?」というコースとしての下見程度で・・・。だって自転車に跨ってそこに行かないとドレくらいなのか想像出来ないんだもんっ。どうせみっちり下見したって行けないとこは行けないし、そのとおり行ったためしがないし。
それだけシビアな実車感覚が無いって言っちゃえばそれまでなんですが・・・(自滅)

難易度だけは永遠のテーマですね。たぶんそのうち安間さんからの書き込みもあるだろうけど・・・。
全日本だから敷居は高く・・・って言うのも分かるけど、さじ加減ってホント難しいですね。自分は主催したことの無いお気楽なOBだから飄々といえるんですが・・・。
やっぱMASさんと同じ意見かな?それが今のとこ適正なんではなかろうか?と。
うまい奴は神経戦でも何でも好き勝手にやりゃ良いし、「簡単すぎるから・・・」なんてほざく奴は難しいラインでも通って、更にその先のクラスでも通用するライディングを勉強すりゃ良いし・・・。差が付かないとか、走破性で・・・なんて言うんであれば「んぢゃ今すぐエリート・マスターで通用するんかい?」と言ってやりたい。結局さ、どんなに難易度上げようが下げようが勝てない奴とか、勝てなかった奴とかの言い逃れに過ぎないような気がするんですよ。
と、辛口投稿してしまいましたが気分を害したのなら謝ります。すんません。

でもな~・・・やっぱ各クラス中位の選手に的を絞ったほうが良いような気がするんですよ。

投稿: とろいニィー | 2005.11.02 09:51

とろいニィーさん、毎度ありがとうございます。
確かに主催する側の苦労って大変だと思います。「あーでもない、こーでもない」と言う外野も多いでしょうし。(私もその1人か?)
で、思うんですが、大会ごとに特徴があるのはイイことで、全シリーズを通して見たら『あの大会はあんなだったけどこの大会はこんなだったな・・』みたいにバラエティーに富んでればオーケーじゃないでしょうかね。全部の大会が似たような感じじゃ面白くないし・・
そういう意味では今年は面白かったと思いますよ、全戦出場した者としての感想として。

ある程度はスタンダードな基準が必要だけど、それ以上の部分はバラエティーに富む。そんな感じでしょうかね。

投稿: MAS | 2005.11.02 10:49

今回のセクションの難易度設定は直前までずいぶん議論がありました。ホント、いろんな考え方、意見が出るんですね。
でも、意見が出るのはその背景には「良くしてほしい、良くしたい」という前向きな気持ちがあるわけで、悪いことではないんですね。

今回のセクション設定は結果を見ても役員一同満足していますので、もし、来年の近畿大会があるのであれば、
近畿事務局を勝手に代表して、さらにみなさんに満足してもらえる大会にしたいと思っています。

MASさん、とろいニィーさん、来年も(たぶん…笑、あるかな~)よろしくお願いしますね。

投稿: むらおか | 2005.11.02 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 任意保険更新 | トップページ | 10.30全日本(猪名川)part2 »