« 10.30全日本(猪名川) | トップページ | 2005全日本 »

2005.11.02

10.30全日本(猪名川)part2

part1  part2

セクション紹介のpart1に続いて、今回は四方山噺的なことでお茶濁し。

いつものように大会前日に会場入り。ただ天気も少々怪しく、体調もイマイチということもあって、『とりあえず夕方に到着すればいいか』という感じで、昼過ぎに我が家を出発。猪名川サーキットまではナビで260km程度。そのうち高速が240kmほどなので、まぁ3時間半もあれば余裕の道のり。
途中で迷うこともなく(ナビ任せだから当たり前か)、予定通り夕方には会場に到着。本部近くのゲートをくぐり広島組で誰か先に到着していないか探していたところ、Masaya父さんが「上のゲート脇の駐車場に行ったよ」と教えてくれた。
『なんで離れた場所に?』と不思議に思いながら、地図でP1と示してあった上のゲート脇の駐車場へと向かうと、そこは結構平坦な駐車場でガラガラ。
『ま、ちょっと離れてるけどいいか』と車をとめて店開き。

all-1
これは大会当日の写真だが、本部から見える選手駐車場は結構な斜度がついている。好みにもよるが、これだとちょっと寝難いかもしれない。スペース的には十分に余裕があったが、上のゲート脇の駐車場(P1)のほうが平らで良さそう。

all-2
本部前からサーキット場を見上げた写真。サーキットは結構小高い場所にあり、トイレもその脇の管理棟内にある。トイレまで歩くのなら上のP1(この写真では見えない右奥の方)からが楽チンそう。ただし、夜はゲート閉まってるので大変だけど。まぁ、早めに到着してたのなら、サーキットから一段下がった場所にある駐車場が一番良いのかもしれない。(写真WCのすぐ下辺り)

まぁどこに駐車しようが別にいいんですがね。ゆっくり楽しく前夜が過ごせれば。

ということで、前夜は奥の駐車場に広島&四国組が集結し、勝手気ままに夕食タイム。自立タープの下でチビチビと飲んでいたのだが、段々と寒くなり炎で暖をとりたくなってしまった。

fire

風が強ければやめとこうと思ったのだが、そんなに風も強くないようで、様子を見ながらちょっとづつ薪をくべて暖をとることに。とりあえず焚き木と木っ端炭は持参していたのだが、Naru&Takuコンビに焚き木拾いの指令がパパさん達から発令。

火遊びはオヤジ達で、焚き木拾いは若い衆で。

さすがに生木は煙が目に染みてしまい、燻製状態で顔をあちこちにそむけながらも夜は更けていった。まぁ虫は寄って来なかったね、さすがに。って、虫なんてこの時期飛んでないか。

そして焚き火をしながら新たな煩悩がむくむくと生まれてきた。

薪ストーブが欲しいぞ!

忘年会は薪ストーブを囲んで飲みますかね。


- - - - - - - - - -

最後におまけ。
car
会場にはこんな車も。底すりそうだったけど、大丈夫だったのかな?

|

« 10.30全日本(猪名川) | トップページ | 2005全日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10.30全日本(猪名川) | トップページ | 2005全日本 »