« 5.06全日本(板取)part2 | トップページ | cup de porec »

2006.05.10

5.06全日本(板取)part3

part1  part2  part3

全日本板取大会のpart3は、openAクラスの5~8セクについて。
っと、その前に・・。BJUのHPにやっとリザルトが出たみたい。

やっぱ欲しいな『クリ~ン♪』っての。それにしても、N崎さんスゴイわ。


5セク)

Sec500

5セクは前日にじっくり下見して『最初の登りさえ頑張れば・・』と思っていたのに、スタート後に5セクに到達して唖然。前日には左の青ラインが指示されており、正面の赤ラインを見て『ご苦労さまです』と他人事だったのに、『そっちに行け』とは殺生な・・。

Sec501

せっかく撮ったので、幻の青ラインとして載せておこう。

Sec502

もういっちょ、幻の青ラインを別アングルで。
前日は楽チンなラインを夢見てたのに、当日は『どうやって上がるん?』な気分。

Sec503

最後にちょっとした登りがあって5セクは終わり。ちょっとしたモノだけどムズい。
2ラップとも足を着きながらハンドルを押し出してギリギリの3点でなんとかアウト。もうちょっとスマートな走りができないものか・・。

6セク)

Sec600

6セクの序盤は草原のサイクリング。青や白マーカーはこの区間が一番長い。

Sec601

草原のサイクリングを終えると、不定形の小ぶりなロック区間を抜けて終了。

Sec602

この6セクも変更があり、『クリーンが出せるかも』との淡い期待は崩れ去ってしまった。前日の下見時点では水色で示したような短いロック区間だったが、実際は青(想定していなかったのでラインは写真からハミ出ている)の区間で、高低差もゴロ石の不安定さも難易度は上がっていた。

7セク)

Sec700

7セクは青・白・オレンジのみで、赤・黄は別セクション。とても短いセクションだが、終盤にかなり難しいポイントが待っている。(もちろん私のレベルで感じる難易度の話)

Sec701

終盤の難ポイントに行く少し手前のロック登り区間。
下見では簡単そうに思っていたが、いざ走ってみたら『あれっ?』・・トホホ。

Sec702

前輪をチョンと飛ばせば十分に届く距離にある二つの岩。ただ、橋渡しでしたとしても問題はその次。ダニで飛ぶか、沿わして降りるか、あるいは右斜めに飛んでテープの際をスリ抜けるか・・。
まぁ、私はそんなこと悩む前に不用意に転倒しちゃったのだけど。

Sec7red

こっちが激ムズだった赤・黄セクション。(赤は全滅で黄は3人が出ただけ)

8セク)

Sec800

8セクは板取世界戦でお馴染みの人工セクション。わりと地味めだけど・・。
ここは出れると思っていたのだが、セクション変更があったのか、下見で見落としていたのか、青丸で囲った部分の組木セクションがムズくて撃沈。どうムズかったかと言われても、下見の時に知らなくて写真撮ってないので説明できない。

Sec801

下見の時点で驚いたのが青色三角のボックス表面。そこそこ傾斜があって、表面がツルツル滑るので歩いてても怖い。案の定、ブレーキをかけても関係なし。同クラスの何人かが下った直後に足を出していた。ちなみに私の1ラップ目は下る前から足を出して・・。
2ラップ目に気付いたのは『前ブレーキはかけない』という対処法。その先がハシゴ状になっているのだが、速めの感じで突っ込んで行っても刺さったりしない。やってみると意外と簡単。何でもそういうものかもしれない。

Sec802

さほど高くないボックスで、登りはフロント置いてからでも後輪が楽に上がる高さ。そのボックスから右ターンして降りるのは、私以外は全員がダニ降り。ダニ降りの出来ない私は、後輪を先に落としてバックオーライ。
多分、見てた人は『なんで逆に向くんだろう?』と不思議に思ったことだろう。

「すんません、そういうことですんで」

- - - - - - - - - -
最後にopenA・エキスパート・エリートの表彰写真を載せてレポを締め括る。

123opa  123exp 123elt


part1  part2  part3

|

« 5.06全日本(板取)part2 | トップページ | cup de porec »

コメント

全日本第2戦お疲れ様でした。
青マーカーのセクションが当日になって難易度アップしたのはですねえ、選手のみなさんに前夜は心安らかに眠って頂きたかったからです。
というのはウソでして、前日黄色と赤のラインは難易度を色々検討してそれなりのものが出来たのですが、青ラインはすっかり疎かに
なってしまいました。
当日になってベンジャミンのレベルを思い出し「ヤバイ!」と思い急遽変更したのです。
それでもオールクリーンを出されてしまい、やはりベンジャミン恐るべしですね。

投稿: 安間 | 2006.05.10 22:18

安間さん、暖かい心遣いありがとうございました。淡い期待を抱いてしまった私がAhoだったのです、ハイ。
でも、結果的には変更後の方が面白くなってたような気もしてます。怖さが無くて難しくなった感じ。
ベンジャの点数のバラツキ見ても良かったんじゃないでしょうか。openAも点数が適度に差が出て昇格者は実力通りでしたし。

投稿: MAS | 2006.05.11 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5.06全日本(板取)part2 | トップページ | cup de porec »