« 2006板取世界選手権 part2 | トップページ | 夏祭り »

2006.08.31

2006板取世界選手権 part3

part1  part2  part3  公式リザルトOpenA

板取世界選手権のpart3だが既にネタ切れ。よって煩悩を揺さぶられたmonoを少々。


51xavi
 Xavi CASAS のカラフルな New Bike

もちろん、サイケな花柄ペイントだけでなく特異なフレームワーク(トップチューブが二股)にも興味が湧いたのだが、私が一番気になったのは彼の履いてたシューズ。

52ribo
 これって多分RIBOシューズ

以前から『どんな感じなんだろう』と気になっていたRIBOシューズ
写真では質感が分かりにくかったけど、実物を見るとカッチリした感じの造りで足に合えばイイ感じなのだろうが、甲高幅広の和風な足にはキビシイかもしれないな。なんとなく。
ちなみに、ソールはMontyシューズと同じDAVOS【 LASTRINE TRIDENT 】を使っているらしく、グリップ的にはかなりイイ感じに仕上がっているのだろう。個人的にはソールだけでも欲しい気がする。


53xtpr
 Ben SAVAGE が売りに出してた XTP-R(22諭吉)

一瞬『高っ!』と思ったが、元値を考えれば『そんなもんか』って感じ。ま、煩悩に負けないために余分な現金は一切持って行かなかったので、今回は冷やかし的な見物だけ。


54onza
 左が Daniel BUTLER (ONZA)

当初は右の師匠をメインに撮影したものだが、後で左のゴツイ兄ちゃんがエキパ年間ランキング2位の選手だったことを知る。ということは来年は国際マスターか。

55ribo
 ONZAの超ロング&BBアップフレーム

この選手も足元はRIBOっぽい。欧州勢では多いのだろうか?

なんか尻切れな感じだが、今年の板取世界戦レポはこれにて終了。

|

« 2006板取世界選手権 part2 | トップページ | 夏祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006板取世界選手権 part2 | トップページ | 夏祭り »