« 5.05全日本R2(岐阜)part2 | トップページ | 大会雑感 »

2007.05.06

5.05全日本R2(岐阜)part3

part1  part2  part3

part3は後半の5~8セクについて。

5セク)
Sec5_01
大会本部前の公園施設に木製ボックス等を追加した人工セクション。

Sec5_02
青は助走なしでも問題ない高さだが、赤になると急に高くなり、黄色ともなれば・・絶句。
(思えば今大会の青で助走が必要なステアって全く無かったような・・)

Sec5_03_1
そして、またもや一本橋が登場。少し幅広なんだけど、嫌なモンは嫌!
(両ラップともバランス崩してチョロ足を出してしまい凹みまくり)

Sec5_04
下見の段階ではベンチ間の最後を飛ばす区間が届きそうになくて『どうしよう』と考えていたが、実際にやってみると問題なし。やっぱり『できるんだ!』と信じてやることが大事だと痛感。
で、最後にコンクリート水路の一本橋。もう勘弁してよ~!な感じなわけで、2ラップ目にリアが脱輪して5点を宣告された時の凹み方は自分でも哀しいものがあった。
この5セクはクリーン出しておきたかったな。観客も多かったし。

そして、6セクまで約800mの移動はサイクリングロード。
Sec5to6
別に800mって距離はワタシ的には問題ないのだけど、サイクリングロードってのが精神的に辛かった。だって、一般客のレンタサイクルがスイスイと抜いて走るわけですよ、老若男女が。
もし次があるならば、できれば林間遊歩道とかを移動コースに・・お願いネ

そして800m先にそびえ立っていたのがこの岩盤6,7,8セク。
Sec6_00
とある方が「オートバイの世界選手権でもできるな」とおっしゃっていたが、狭いエリア限定では確かにそんな感じで、なかなか迫力があった。

6セク)
Sec6_01
6セクのインは道路を助走に使っての斜面登り。
(写真は前日撮影したもので一般客がサイクリングしている)

Sec6_02
青のポイントはココくらい。多少起伏はあるがクリーンで抜けれなくもない程度。
1ラップ目はチョロ足が出てしまったが、慌てず抜けることができた。2ラップ目はクリーンを狙っていたが、インしてすぐに異常事態発生。

また、やってしまったわけです。5速に変速して楽チンなコース移動。そして6セクに辿り着くと凄い渋滞。軽く30分以上は待ったことだろうが、その間も5速に入っていることに気付かなかった私。

そしてインした瞬間、『めっちゃ速いじゃん!』

おかげで十二分な助走速度で最初の斜面は電車道のように楽々進めたものの、困ったのが次のロック区間。『またオットピで合わせる漕ぎが重くなるな』と凹みながら最初のロック。と、意外に楽に最初のロックをクリアでき、『イケルかも?』と調子に乗った直後に靴底からペダルが外れて見事に脛ゴッチン。
肉体的な痛みもあったものの、精神的な痛みのほうがより大きく、続くロックでバランス崩してヘナヘナと転倒5点でジエンド。来年にでもレギュレーションが変更になってシングルOKになれば、こういうことも無くなるのだろうけど、オッサンはコース移動が楽なことも大事なので、おそらくシングル化は見送るつもり。まぁ、その時になってみないと分からないけど。

Sec6_03
6セクの最後には『またかよ』という感じの一本橋。1ラップ目にはビビリながらも無事通過したが、下が水路ってのだけで精神的にダメですね、ワタシの場合は。ちなみに、下見してたら水路の下に蛇発見。それだけでもワタシには十分な恐怖ですから。

で、最上級クラスの黄色って、凄すぎ!
もしかして、大会じゃなくて練習とかだったら、フロント当ててのリアシングルとか、やっちゃうんだろうか?世界の超人(変人)達は・・


7セク)
Sec7_01
7セクは刺々しい岩盤斜面で、青マーカーでもちょっと見た感じはダイナミック。
『おっ、全日本に参加してるんだ』という実感があり、対峙してて嬉しかったセクション。

Sec7_02
インしてすぐ岩下りがあるのだが、やっぱりビビリが出てしまいチョロ足のお出まし。
他の人のを見てると行けることは理解できるのだが、いざ目の前にするとやっぱダメ。

Sec7_03
7セクのキモ区間がココ。左が傾斜して落ち込んでいる岩盤斜面なので、左側にバランスを崩すと一発5点になりそうな下見での印象。それを恐れて右に寄りかかりつつ進むが、結果はあえなく撃沈。ペダル着きの難しい自転車に乗ってる以上は、もう少しタイヤonlyでバランスを保持しつつ進む練習をしなければ・・。


8セク)
Sec8_01
8セクは青以下と赤以上が別で、青以下はサイクリングロード脇の斜面に設定。

Sec8_02
ちょっと上ってる区間に数10cmのロックがあり、下見では大丈夫と思っていたのだが、実際にトライしてみると2ラップともチョロ足のお出まし。こういった箇所で実力差って出るんだろうな・・。

Sec8_03
途中は斜面の下りとかあるが、特に大きな問題もなく進む。

Sec8_04
『足出しそうだな』と下見で思ってて、やっぱり出しまくった最後の斜面。
やっぱり漕ぎと斜面が現時点での最重要課題ということか。

Sec8_hi
赤黄の8セクは岩盤斜面の一番上。私には全く理解できません。


Stf1
競技本部はサイクリングターミナル。

Stf2
オレンジのシャツで一体感のあるスタッフの皆さん。

Stf3
そして、岐阜県百年公園での初全日本は無事に終了した。


part1  part2  part3

|

« 5.05全日本R2(岐阜)part2 | トップページ | 大会雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5.05全日本R2(岐阜)part2 | トップページ | 大会雑感 »