« 第3回OyazyCup part2 | トップページ | リベンジ »

2007.06.14

第3回OyazyCup part3

part1   part2   part3   リザルト


Mushiking
 
昼を過ぎたら子供達は選手からムシキングに変身してパーク内を駆け巡る。

10セク×2ラップというこもで持ち時間は3時間としたのに、子供達は休むことなく午前中で全てを終了。同じことオッサンがやってたら何人か泡吹いてぶっ倒れてることだろう。恐るべし!子供達の体力。
 

 
今回は【いっぱつセクション】と称して、インしてすぐに終わるショートセクションを3箇所に設定。
 
09name1
正式ルールだとインの手前で助走はとれないが、ココは特別にオーケー。

10name2
このテープの張ってある範囲がセクション。つまりステアに前後輪が乗ったら終わり。
(手前からキッズ、ビギナー、ミディアム、ハード(写真の選手)、スーパー)

11name3
リアが乗るまでがセクションなのだが、とりあえず『やった!』とガッツポーズ。

いっぱつセクションで『攻めたものの失敗して即5点』というのをOyazyCupでやるのも寂しいので、ショートセクションでは1回だけリトライを可能とした。ただし、最初に1点でもリトライで5点だったら5点になる方式。最初に何点か食らった子供とかがリトライするかどうか見てると、「いや、やめとく」とか「もう1回やる」という風に性格の差が出るのも面白く感じられた。
もう一つの特別ルールとして、小中学生と35歳以上を除くヤング(死語か?)な人に限定して特別ルールを適用する試みも一部セクションで採用してみた。

来年のセクション設定や特別ルールについては、現時点では全くの白紙ではあるが、参加された皆さんの意見なども聞きながら、より楽しい大会に発展してくれれば、と感じている。

- - - - - - - - - -

Goemon1
管理棟の裏には五右衛門風呂が完成。一番風呂はT社長自らが炊いて御入浴。

Goemon2
五右衛門世代でない若い衆も丸まりながら気持ちよく入浴。


Bf2
毎週のようにT社長やS木さんが整備され、パークは進化を続けている。
6/17はオートバイの中国選手権がこのTRパークで開催。チーム員はスタッフとして集合のこと!

part1   part2   part3   リザルト

|

« 第3回OyazyCup part2 | トップページ | リベンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第3回OyazyCup part2 | トップページ | リベンジ »