« 小休憩終了 | トップページ | 07板取:オープンクラス »

2007.08.27

07板取:苦手セクション

初日はopenAでソコソコに楽しませていただき、2日目は完全観戦モードへ。
色々とあったけど、とりあえず最初のレポらしいレポはエリートの第7セクションから。
 
 
『なるほど、この場所か・・』

2004_b_ros
 ブラジル色?のkoxxユニフォームを着ていた2004年のベニートのセクショントライ

このポイントでベニートはクリーンが出ず、ダニはクリーンだったと記憶している。
そして、あれから3年が経過・・

 
総合案内所でセクションマップをもらったが、『えっ?』と目を疑うような注記を発見。

Sec7_map
 なかなかツッコミ処満載な大会の中でも秀逸?なセクションマップ

『こういう注記を読んだからには、やっぱ結果を自分の目で確かめておかねば』
というわけで、今回はこの7セクを中心として観戦してみることにした。


Sec7_b_ros2
 3年前とは若干ポイントは違うものの余裕な跳びでクリアするベニート

Sec7_b_ros
 エリートでは7セク唯一のクリーンを叩き出したベニートの2ラップ目

1ラップ目は安全策ということだったのか、最初の超難関ポイントは自ら足を着いて1点で抜けたベニートだったが、2ラップ目にはダニパラからのペダル掛けを選択して見事なクリーン。利き足の関係とかもあるので、ある程度の有利不利はあるだろうが、それにしても見事なトライだった。
 
 
その序盤の超難関ポイントがこの大岩。

Sec7_slovak

簡単に『安全に足着き1点』と表現できるようなポイントではなく、手足の長い選手でもかなり手こずりながらの1点通過ポイント。しかし、こういう足着きポイントは身長と柔軟性がモノ言う・・。

Sec7_jpn2top
 わりと似たペースでセクションを回っていた日本の国際エリート2トップ

Sec7_kaz
 もう少しのところで跳ね返されてしまったが本当にもう少しだった

Sec7_kta
 ペダルまではかからず足を出しての通過となったが『らしさ』は十分


Sec7_b_ros1
 やはり『高さ』と『思い切り』においては彼が現時点では一番なのだろうか

そんなベニート・ロスの見事な7セク攻略動画 (movファイル22MB)を!
(※前半部分は2ラップ目だが、中盤以降は1ラップ目の映像となっている)

ちなみに、跳びに関してはベニートと双璧と思われるダニ・コマス。特に、両輪を接地してからの前方向への爆発的な跳び(縦パラ)には驚くべきものがある。

Sec7_d_coma1
 結果的には上に残れず足が出たものの見事なダニの2ラップ目トライ

この2コマ目から3コマ目の前輪~フレームにかけてのしなりに注目。
 Sec7_d_coma_ani
  (こんなにしなってるとは思ってもいなかった・・)

せっかくなので、ダニの縦パラ動画(movファイル2MB)も短いけど載せておく。

- - - - - - - - - -
秀逸なセクションマップのおかげで、観戦が散漫にならずに済んだのはアリガタイ。
勝負の結果とか、誰を応援してるかに係わらず、下見時点での選手の狙いや表情とかにも注目しながら観戦してみると、これがナカナカ面白い。

|

« 小休憩終了 | トップページ | 07板取:オープンクラス »

コメント

 MASさん今晩は。昨日はお疲れ様でした。

 ベニトが苦手とするセクションって言うのはなかなかでしたね~。彼は放送でもそうコメントしてました。

 これだけはっきりしていると苦笑するしかないのですが、たしかに突っ込み所満載の今回ですが、その中でも秀逸ですね。

投稿: ナルパパ | 2007.08.27 23:13

ですねぇ~(苦笑)

喋りだけなら流して聞いてると終わりってこともあるけど、
文字として印刷されてるってのが凄い!(ある意味笑えます)

楽しいイベントのblogレポですので楽しく読んでネ>皆さん
次は何に突っ込もうかなぁ・・ (無責任ワクワクmode)

投稿: MAS | 2007.08.27 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小休憩終了 | トップページ | 07板取:オープンクラス »