« 07板取:いろんな顔 | トップページ | 9/9Gokusen最終告知 »

2007.09.03

07板取:雑感えとせとら

行く前にはイマイチ乗り気でない面もあったりしたわけだけど、やっぱり現地に着いたらワクワクするわけで、それでも『なんだかなぁ・・』なんて思わせることもあったりはしたのだけど、行ったからには楽しまないとモッタイナイわけなのですね、やっぱ。

Opening

各国選手が並んでいる姿を見ると『いよいよだな』とワクワク感がアップ。

 
2日目は早くから一般駐車場に観戦客が続々と。

Area_f

一般駐車場が開場となった朝8時から10分足らずで、かなり詰まった感じの第1駐車場。ちなみに、写真奥側のテントとかが見えるエリアは日本選手専用のC駐車場となっており、奥側左に妙な空きスペースがあるように見えるのは、初日にオープン出場選手用に割り当てられたF駐車場。思いは色々あるけど、これ以上のコメントは控えておく。
(書き出したら原稿用紙数枚でも足りなくなりそうなので・・)


話題は一転し、久々に乗ってみたユニトラ。

Unitr

サンダル履きだったので軽くホッピングするだけで終了。自在に乗りこなせたら楽しいんだろうけど、今の私には到底無理。コレを出してた愛知のG-MAGICさんでは、ユニトラの練習会もやってるとか。40過ぎてからでも乗れるようにはなるので、どんどんオジサン達にも広まって欲しいものだ。


表彰式が始まる前、ファイナルデモの準備をしているオット・ピ。

Ot_final1

表彰式の後にオット・ピのデモをすることになっていたが、『ステージ手前の平地もデモでは使うんだろう』ということで、少し遠慮がちにスペースを空けて観客はスタンバイしていた。

誰かが前に陣取れば、一気にラインは前進するのに、誰も前には進まない。
なんだか妙に規制し合っているようで、ちょっと面白かった。

表彰式が始まってしまったらデモとは関係なしに観客ラインは前進しそうだったので、、『とりあえず本人に確認するのが確実だな』ということで、ステージ前までスタスタと歩いて行き、デモ構想中のオット・ピに「ステージの下はドコまで使うの?」みたいなことを聞いてみることにした。
あまりにもブロークンな片言だったので、最初は「なんじゃ?」みたいな顔をされたが、身振りも加えて説明すると雰囲気で伝わったみたいで、ステージを降りて「ココマデ ナラ ダイジョウブ」みたいな感じで優しく指差して教えてくれたオット・ピ。アリガトね!

そんなわけで、「ココまで進みましょうや」とオットが示したラインまで他の観客と一緒に前進し、デモ観戦の準備は完了。なので、もちろん私は最前列のど真ん中。せっかく遠くまで行ったのだから最後まで楽しまなきゃ。

ちなみに、公式戦ではないオープンA,Bとクラシックの表彰式は、既に初日の夕方に終わっている。その表彰式は初日の夕方4時半からと聞いていたが、実際には1時間以上も早く3時過ぎから開始。そのためか表彰台に全員が揃っていなかったのはとても残念だった。私も翌日の観戦ポイント確認のために初日の表彰式が始まるまで下見をと思っていたので、予定が狂ってなんとも残念だった。

という初日のことは置いておいて、公式選手権である女性クラスや年少クラスから順に表彰式がスタート。

Head1

ついでだからと、各クラスの表彰写真も撮影しようと思ったのだが、どうしても全ての写真に頭がひとつだけ入ってしまう。この人、座高が高いの?

Head2

両隣りの外国の方々は、自分が撮影する時以外は、背を丸めて少しでも頭を低くするように努められている様子なのだが、頭ひとつ出してらっしゃる方は、常にこの状態。さらに撮影時には長々と立ち上がって悠長に写真撮影。
もちろん、私らのような一般観客とは違うのだから、別に前に出て撮影すること自体にアレコレ言うつもりはないけど、少しくらいは背後の雰囲気ってモンを考えていただけないもんだろうか。
とはいえ、『blogレポ用に表彰写真を使うんだろうから仕方ないか』と思って諦めてはいたのだけど、何故かこのアングルからの写真は全く使われてなかった様子。
ってことは、Youの個人的な趣味の写真撮影だったの?

まぁ別にイイんだけど。ただの小市民の戯言ですから。


そして、全クラスの表彰が終わるとオット・ピの最後のデモ。

Ot_final2

ステージ脇の足場から、いきなり前輪なしでの飛び降りで登場。
デモ自体は特別驚くような内容ではなかったが、最後の勇姿というか、やっぱ凄いね。ただのオッサンじゃないわ。(当たり前だけど)

Ot_final3

最後にセサールとダニがステージに上がり、オットが日本語で挨拶する演出。後ろからオットを見つめるダニの眼差しが、スターを見つめる少年の眼差しのようで、なんとも印象的だった。

そして、恒例のシャンパンファイトで幕を閉じた。

Champagne

来年が良い方向に進みますように。そう、少しでも。

|

« 07板取:いろんな顔 | トップページ | 9/9Gokusen最終告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07板取:いろんな顔 | トップページ | 9/9Gokusen最終告知 »