« 更新遅れ・・ | トップページ | 08全日本R3三次灰塚part2 »

2008.09.16

08全日本R3三次灰塚

part1  part2  part3  リザルト  大会アルバム

2000年の土師ダム大会以来、久々に広島県内で開催された9/14の全日本選手権。
落ち着いたら気楽な気持ちでゆっくりレポる予定だけど、かといって、終わって二日も経ってるのに何も書かないのは寂しいわけで、とりあえず08全日本R3三次灰塚blogにレポというか終了直後の挨拶的なことを書いてみた。

そして、少しだけになるが大会の雰囲気的な写真を載せておくことにする。

01pre
 小高い丘にある大会本部前での開会式

 
02pre
 緊張気味のMCや大会長の挨拶に突っ込み入れながらニコヤカな参加者

03badboy7sec
 私が担当したバッドボーイセクション(7セク)でスタートを待つプッシン選手

スタート以後しばらくは、休む間もなく次から次へと7セクに選手が続けてイン。
2ラップで延べ140数人の選手の走行を少し駆け足気味で追いかけながらオブザーブ。最初はわりと軽快に動いていたと思うのだが、残暑復活30度超という思いのほかの好天にやられ、情けない話だが後半は軽快に動けなくなっていた。あとで考えてみたのだが、オブザーバーしながら2~3kmは小走りしてた計算になるのかもしれない。
セクション設営の際には『7セクは簡単な設定なので大半の選手がクリーンするだろう』と思っていたのだが、普段なら足を着くようなポイントでもないのに、タイムを狙うあまりにイージーなポイントで足を着いてしまう選手が続出してしまい、『真ん中辺りでドンと構えて見ておくか』ってのが出来なくなったという次第。
まぁ、横着しちゃイカンってことでしょうかね。

残暑復活を一番喜んだのは地元チーム関係者による飲食テントかもしれない。

04shop
 
選手やスタッフは照りつける太陽で干からびかけていたので、冷たい飲み物やカキ氷、アイスなどはこの上なく嬉しかった様子。中には「早くアイスが食べたいから」とパンチを急かす選手もチラホラと。

第1~6セクションをJセニ以上とミニメ以下で分け、共通の第7セクションも時間のかからない設定にしていたため、競技自体は13時半には終了していた様子。リザルトを見ると多くの選手が2時間半から3時間程度で終了していたようだ。
セクションを分けたためオブザーバーの数は多くなったのだが、渋滞もほとんどなく全体的に回りが早くなったことで、結果的にオブザーバーも少し楽をさせてもらうことができた。(というか、それがセクションを分ける狙いのひとつだったことも事実)

そして、余裕をもって予定通り15時半からは表彰式。
最初にバッドボーイタイムセクションの特別表彰を行い、続いて通常の表彰式。

05poussin
 プッシン表彰の炭酸水ファイトで水浴び?する子供達

06elite
 エリート初優勝の飯塚選手が振りかける炭酸水を喜んで浴びる子供達

MCが「エリート汁」と表現したが、私にも飛沫がかかったので効能があると嬉しいな。

|

« 更新遅れ・・ | トップページ | 08全日本R3三次灰塚part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新遅れ・・ | トップページ | 08全日本R3三次灰塚part2 »