« 信じる力 | トップページ | 11.16呉ポCUP part2 »

2008.11.17

11.16呉ポCUP(ゴクセンR3)

part1   part2   リザルト   第3戦までの中国選手権暫定ランキング

2008年の呉ポートピアパークでのBikeTrialイベントは今大会をもって全て終了。
(正式名称:第26回呉ポートピアCUPバイクトライアル大会)
今年も最終戦は『ちょっと早いクリスマス大会』と銘打って、各選手にはゴール後にクリスマスプレゼントがくじ引きで渡されていた。いつも呉ポなどで楽しいイベントを開催されているNiiyamaさんに感謝。来年も微力ながら私のできる範囲で協力できればと思っている。皆さんもヨロシク!なわけで、無理せず皆さん自身が楽しめる範囲で。
さらに、今回の呉ポCUPは2008年中国選手権のシリーズ第3戦を兼ねた大会。
今年の中国選手権は、12月7日に下関のフィールド幸楽で開催される第14回ドエリンCUP選手権(byTEAM-EX!)が最終戦となり、全4戦のうち3戦の有効ポイントで年間ランキングを争うことになっている。第3戦までの中国選手権暫定ランキングについても公開させてもらった。(この記事の最上段右端参照)

part1では午前のクラスに参加された選手のセクションでの走りを紹介。

001sk
 SKクラスで優勝街道まっしぐら!  ガンバ ガンバ

 
今回は指の負傷により選手として参加できなかったこともあり、リザルトの最終集計を少しやった以外は競技中の写真撮影が比較的自由に出来た。残念ながら全員とまではいかなかったが、多くの選手を撮影することができたのでクラス毎に紹介。

Bクラス(白マーカー)
 
002b
 1セクは岩の隙間を縫うように登る区間が難所 (なんとか抜けて一安心)

B30クラス(白マーカー25歳以上)

003b30_1
 1セクの難所を漕ぎで見事に2ラップともクリーン (来年は昇格ですね)

004b30_2
 同じ区間を2ラップ目には見事なクリーン (日頃の練習の成果ですね)

005b30_3
 3セク最後のポイントもスムーズでクリーン (見事スクラッチでも3位入賞)

Mクラス(青マーカー)

Mクラスの表彰台に上がった3選手(小中学生)はダントツの成績を出し、午後のHクラスでも大健闘。というわけで、part1では惜しくも表彰台を逃した選手を紹介。

006m_4
 基本技を見てるとHクラス相当に思える若手選手 (あとはステア練だね)

若い人はわりと派手な技を練習したがるけど、上の彼は微妙なバランスや漕ぎがかなり上手だったように記憶している。このクラスの選手に有りがちなホッピングの多用も無く、これからグングン伸びそうな予感あり。

007m_5
 体格を活かしたダイナミックな走り (大技に入るまでの基本技が大切かもね)

008m_6
 地味な練習も増えて実力はメキメキ上昇中 (26インチにも慣れてきた様子)

M30クラス(青マーカー25歳以上)

M30クラスは四捨五入すれば30歳以上の初中級者が対象。とはいえ、表彰台の上あたりはM40クラスとなっており、なかなかオジサン達はしぶといわけである。
そして、このままいけばM50の時代到来か。(私も青マーカーがいいなぁ・・)

009m30_1
 経験がモノを言い見事な優勝 (3セクは難しいステアを選択して無念の5点)

3セクの青マーカーは岩場を登る区間の自由度が高く設定されており、上写真のステア(助走がとり辛く見た目以上に難しい)を行ってもヨシ、下写真の部分をステップ状に刻んで登ってもオーケーとなっている。大半の選手は一発5点の危険を避けて刻むラインを選択していたようだが、M30優勝者と2位の選手は(上位クラスへのステップアップも念頭に置いてのことか)高いステアに挑戦していた。

010m30_5
 ステップ状に刻むのも実は意外と難しいのだが確実に進む

011m30_2
 青マーカー最難関の4セクin直後のポイントをクリーンで通過し見事2位

012m30_3
 その難所ポイントを下見するTEAM-EXの○バンナ選手は見事に3位

013m30_6
 登り斜面上のロックになっているので体勢を崩すと復帰も困難

014m30_4
 青マーカー最年長なれど3セクは見事に2ラップともクリーン

015m30_7
 今日は本来の調子が出なかったようで結果は残念 (でも楽しそう)

016m30_8
 最終戦はヨロシクお願いしますね>リーダー

part1   part2   リザルト   第3戦までの中国選手権暫定ランキング

|

« 信じる力 | トップページ | 11.16呉ポCUP part2 »

コメント

ウイジャンシングルで行ったみたいになってる!


大会経験が少ない為か体がガチガチで、
思った様にバランスが取れないものですね。

次回があればリラックス出来る様何とかしたいです。

投稿: BOCK | 2008.11.22 18:35

飛んですぐにフロント押さえて転がしたら、あんな風にイケるよ。
助走が難しくても、そんなに跳躍力なくても、楽にできるハズ。

ってことですが、楽しんでやるのが一番!
そして、それを長く続けるってのが一番のキモですね。

リラックス & ガンバ

投稿: MAS | 2008.11.22 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信じる力 | トップページ | 11.16呉ポCUP part2 »