« 7.19全日本R3(長野)part2 | トップページ | 盆練 »

2009.08.07

7.19全日本R3(長野)part3

part1  part2  part3  リザルト

part3最初の写真は、大会会場に出店していたクレープ屋さん。早く競技を終えたのでアイスをいただき、ちょっとしてから甘いクレープも。こういった出店があると、参加する側としては大変うれしい。

P301crape

最終戦の中国大会・三次灰塚も昨年と同様に出店してもらうよう考えてはいるのだが、果たしてどうなることやら、そのへんの細かいことはまだ決まっていない。

続いては、『せっかく遠くまで来たんだし』と寄り道した帰路について。
往路のように『SAやPAが満車でゆっくり休憩もできやしない』というのは真っ平御免なこともあって、渋滞の心配がない北陸経由で帰宅することにした。白馬経由で糸魚川まで下道を北上し、以降は少し遠回りにはなるが北陸道で米原まで進み、以降は名神~中国道を経由して翌朝には帰宅、というのが会場を後にした際の予定。

『とりあえず温泉で体を癒して』と思い、入浴施設を探しながら白馬方面へ進む。上手い具合に温泉が併設された道の駅を見つけたが、その駐車場は目一杯の満車。咄嗟に、ごった返す湯船が目に浮かんでしまい、かえって疲れそうな思いがよぎり、そのまま素通り。『こじんまりした温泉とか無いんかなぁ』と淡い期待を抱いて白馬村へ。

しばらくして運よく温泉施設の小さな看板が目にとまり、案内に従い数分で到着。

P302hotspring

信州・白馬かたくり温泉【十郎の湯】という、こじんまりとした温泉施設。ほぼ貸切状態でのんびりと入浴でき天国天国。帰宅して調べていたら100円割引券もあったみたいだが、こればっかりは後の祭り。

温泉で体を癒すことができたので、あとは帰るだけ。

北陸道に乗るため糸魚川ICへ向け山道を北上。白馬周辺は広い高原と山並みが美しかったが、北上するにつれて周囲の地形が徐々に険しくなっていくのが印象的だった。しばらく車を走らせていて、ちょっと奇異な地形が車窓から飛び込んできた瞬間、あることを思い出す。地質をかじったことのない人でも聞いたことはあるかもしれない、糸魚川-静岡構造線。
少なからず地質に関係している者であれば、糸魚川という地名を聞いただけで思い起こさなければいけなかったことに、『何やってんだ』と少しばかり自戒の念を抱いたものの、地質構造的に揉まれた感のある険しい地形を車窓から眺めているだけで、糸魚川経由で帰路を選択した自分を『よくやった』と褒めていた。
(マニアックすぎる話にて失礼をば・・)

そして、峠も越えて新潟県に入り、糸魚川ICまで10数分くらいになったところで、『えっ?』と思うカタカナ文字の標識を発見。そこには【フォッサマグナパーク駐車場】と書かれており、見た瞬間は『名所を語る怪しい観光施設か』と思ったものの、とりあえず確認するために駐車場へと進む。

P303geopark

フォッサマグナパークの案内を見て、一瞬でも怪しんだ自分を猛反省。
(ちなみに、フォッサマグナの西端が糸魚川-静岡構造線)

P304fossamagna

案内に従ってエリアを見学したかったが、既に暗くなっているため断念。機会があれば、明るいうちに1時間くらい余裕を持って立ち寄りたいと思った。

そして、糸魚川ICから北陸道に乗り、以後は富山県・石川県・福井県と順調に西走。
そのまま高速をひた走り・・、と思っていたのだが、近畿圏内を通過すれば高速は1000円ちょい追加になるわけだし、距離もちょっと遠回りになってガソリン代もかさむし・・、と思い直し、敦賀でいったん高速を下りて下道を走り、舞鶴から再び高速に乗って帰宅することに方針変更。
その方針変更をした途端に睡魔が襲ってきて、翌朝に帰宅することを断念して北陸道のPAで熟睡。翌日は敦賀から舞鶴までのんびりと下道を走り、滅多にない機会なので若狭地方の観光なんぞも少々寄り道してみることに。

P305mikatagoko

三方五湖を見下ろすには1000円の有料道路を走るしかない様子。夏の観光シーズン割引として半額500円になっていたので、『せっかくなんだし』と有料道路へ。

P306lift

山頂公園にはリフトで上がるようになっている。
さほど高い山でもないので「歩いて上がれませんか?」と聞いてみたところ、「歩いても上がれますけど山頂公園に入るのに800円が必要です」だと。

P307ticket800yen

山頂公園への入園料が800円ということなのだろう。けど、リフトでもケーブルカーでも徒歩でも一緒だなんて、なんか違和感あるんだけど・・。
(という違和感を覚えたので800円は払わず山頂公園は断念)

P308photo
 リフト下の駐車場から三方五湖の眺め

あいにくの曇天だったので山頂に上がったところで何も見えんわい、と山頂に上がらなかったことを正当化。続いて小浜市あたりで昼飯を食おうかと車を西に走らせる。

P309obama これってアリ?

何も下調べしていなかったので、行き当たりばったりで蕎麦屋さんへ。

P310noren

のれんは新しかったが、内装はかなり古びた感じの蕎麦屋さん。

P311menu

名物に旨いもの無し、かもしれないが【名物からみそば】を注文。

P312karamisoba

何が辛いのかと思っていたら、自家栽培の大根おろしが辛いんだそうな。
(思ってた以上にそこそこ旨かった)

P313wakahiro

昼飯食ってから市内を散策し、ちょっと新しくて洒落てるげな店を少し離れて覗いていたら、中からお姉さんが出てきてキャッチセールス。

P314yakisabasusi

見事にひっかかったということなのか、焼き鯖すしを購入。本当は魚屋さんで焼き鯖を買い、その場でがぶりつきたかったのだが、歩いていたエリアが違っていたらしい。焼き鯖には違いないんだし、まぁいいか。

なんだかんだで、結局は大会翌日の夕方に帰宅。たまにはいいか。
お世話になったピカピカ号は、即座に洗車しサビないようにワックスがけなんぞも。

P315hiroshima

絶不調カープのシールを貼っていたことが、ピカピカ号を刺激して良い結果になったのかもしれが、本家はほんまに冴えんことですのぉ・・。

P316carp

part1  part2  part3  リザルト

|

« 7.19全日本R3(長野)part2 | トップページ | 盆練 »

コメント

はじめまして。
松田製作所です。
長野大会お疲れ様でした。

三方五湖経由で帰られたのですね。
僕も2ヶ月ほど前、単車で行きました。
そして、あのケーブル下のお土産やさんでたくさんの試食を戴きました。(ありがとう、お土産やさんのおねえちゃん!)

全日本広島大会に向けて、コブラもデビルも再度試作し熟成させるつもりですのでよろしくお願いします。

投稿: raiseisakusyo | 2009.08.16 12:40

raiseisakusyoさん、コメントありがとうございます。

ケーブル下の土産物屋さん、私が行った時も色々と試食されてる方が多かったです。
私も少しつまみ、あとは隣りの店でソフト買って食べました。

コブラとデビル、楽しみにしてます。
ちなみに、今日は灰塚の練習会にコブライダーさんが来襲し、ビシバシ跳んでました。

投稿: MAS | 2009.08.16 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7.19全日本R3(長野)part2 | トップページ | 盆練 »