« ただいま準備中 | トップページ | いめぇじとれぇにんぐ »

2010.04.11

第1回おためし灰塚プチCUP

リザルト  BJU NEWS 2010-4-12

昨年はMクラスの参加者が相対的に多くなったこともあり、『二つに細分してみようか』ということで、今年の中国選手権では、従来のMクラス(青)とHクラス(赤)の中間的な難易度設定をMH(ミディアムハード)クラスとして新設してマーカーは青色に、Mクラスは少しハードルを下げてマーカーを緑色に変更することとなった。結果的にマーカー色の順列としては全日本とも同じようになったわけである。
もちろん、ローカル大会への参加選手のレベルに合せているので難易度設定は全日本とはかなり違うが、地方の基準と全日本の基準と世界の基準は違ってしかるべきだと思っているので、それはそれでイイんじゃないだろうか。

んなこたぁさておき、
今年の中国選手権のスタートに先立って、『気軽に参加できる大会で新設クラスの難易度設定をやってみよう』と考えて開催したのが、この【おためし灰塚プチCUP】という大会。大会というとローカルな愛好者にはハードルが高いようなので、大会名にも気軽に参加できるような雰囲気を出してみた。事実、大会前に結構問い合わせがあったとのこと。こういったアプローチも大切なのかもしれないなぁ。

100411_01
 雨の中 下見をする選手達

この大会はチームの灰塚月例練習会のプチバージョンアップ版で、参加費は会場使用料のみ。その分、入賞者への章典も参加賞もなし。セクション設定は午前中から来た選手も手伝い、オブザーバーは選手が相互に採点するという完全セルフ方式。
ちゃんとした様式美のある大会も大切だろうが、主催者として労力を費やさない大会ってのもよかろう。というか、主催者がやるのは大会日を決めることぐらいか・・。

まぁ、そんなユルい雰囲気の大会。
とはいえ、セクション難易度がユルいかといえば答えはノー。

100411_02
 真剣なまなざしで下見をする子供達

100411_03
 いちおう『開会式』はやってみた

100411_04mh
 新設されたMHクラスに挑戦

100411_05mh
 Mクラス上位の常連にもキビシめのポイントをMHには設定

100411_06mh
 栄えあるMH初代優勝者Kさんの走りとそれを真剣に見つめる子供達

100411_07h
 かと思うと 大会中に記念写真するHクラスの選手達

100411_b123
 なんちゃって大会でも表彰式はちゃんとやるわけで

100411_08v
 1,2,3位には表彰楯 優勝者には特製メダル

まぁ楯は写真を撮影したら即返却。(私の年代モノの収穫物を利用)
 
 
そして、嬉しいことにKさんがじゃんけん大会用に豪華景品を提供。

100411_09get

滅多なことではじゃんけん大会に気合を入れない私だが、今回だけは気合一発!
組み替えたなぜなら24号のフロントローターがイマイチで、新しいのが欲しいと熱望していたので、ゲットできて最高に嬉しい。ありがとうKさん。

やってみて、本当に気軽に開催できたので、秋の全日本を終えてからおためし灰塚プチCUPの第2回をやってみようかと話し合った。
ということで、今回は第1回だったと開催後になりましたとさ。

|

« ただいま準備中 | トップページ | いめぇじとれぇにんぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただいま準備中 | トップページ | いめぇじとれぇにんぐ »