« 2010全日本 | トップページ | 5.02全日本R1 part2 »

2010.05.08

5.02全日本R1(椎の郷)

part1  part2  リザルトpdf (BJU)

2010年の全日本選手権は静岡県の『椎の里トライアルパーク』で幕を開けた。

01park
 椎の郷トライアルパークの大会当日の朝の風景

思えば、私が最初に全日本に参加したのが、この椎の郷。その大会は移動距離がハンパなく長く、白マーカーのビギナークラスでも『マジですか?』みたいなビビるセクションのあったことも覚えているが、とにかく楽しかった印象が強く、その椎の郷で全日本が復活したことを大変喜ばしく思っていた。
といっても、今回は走る側ではなくて観る側。地元チームの選手2名(Jセニとオープン)に同行して静岡へと向かった。

ゴールデンウィークの渋滞も考え、土曜の朝ゆっくりめに出発し、名古屋でのんびり観光して旨いもん食って、前夜は浜松のホテルに宿泊。とりあえず手羽先・味噌カツ・きしめん・餃子はクリアして第一目的は達成。

02drive
 浜松市内で前泊りして当日朝に会場入り

03drive
 自転車2台を積んで浜松市内を北上

当日は朝6時にホテルを出発し、途中で買出しなどしつつ7時前には会場入りし、とりあえず近場のセクションだけでもざっと見て回る。どのクラスもいやらしくイイ感じのセクションが出来上がっていて流石だ。年少クラスの移動距離やセクション難易度について後で色々と意見も出たようだが、このくらいはオッケーじゃないんかねぇ・・。ってか、もっと逞しく鍛えてもええんちゃんの? オールジャパンなわけだし。

04map
 セクション配置図(全クラス7セクション×2ラップ)

05wup
 駐車場脇の岩斜面でウォーミングアップする選手達

06opening
 開会式は賑やかな雰囲気

07sec5
 オープンのスタートセクション(15セク)で下見をする選手達

08sec6
 続いて16セクションを眺めるオレンジな人

09sec6to7
 16セクから17セクの移動はちょっとした山ハイク気分

10sec3
 沢の13セクションにトライするプッシン選手

11sec4
 14セクは各クラスとも苦労していた様子

12namechi
 14セクのニュートラルゾーンで待つオレンジな人


 1ラップ目は出口直前でポカな5点だった14セクも2ラップ目はクリーン

13hide
 今回は26インチで調子もよく僅差でのJセニ6位だったオレンジ兄さん


 オールクリーンでミニメ優勝Yamato選手の5セクション

14jiro
 待ってる時はリラックスムードのJiroさん


 見事に(惜しくも?)1点で抜けた5セクのJiroさん

15sou
 最後のセクションをクリーンで終えベンジャ2位に入ったSouちゃん


 贅沢なエリートマインダーの指示にしっかり応えてクリーン!

今回はオープンクラスに参加した選手のマインダーとして追っかけていたので(といっても何ら指示するわけでもなく単にセクション外から動画撮影していただけ)、ひとさまに公開できる写真類はこの程度。残念な5点動画とかもあるが、これは丸秘DVDにして内輪ネタで笑って終了。

久々の椎の郷での全日本についてのちょっとした感想だが、いい意味でホンワカとした雰囲気でとても心地よかった印象があった。開催に至るまでには色々とご苦労もあったことだろうが、できれば来年もお願いしたいものだ。

そして、表彰式までの合間にはダニジャン幅跳び大会が開催。

16jump
 なごやかな雰囲気でダニジャン幅跳び大会に見入る観客や選手達


 「やるな!おっさん」と1.8mは余裕でクリアするオレンジ兄さん

16jump260
 Kingの2.6mメイク映像の連続写真 (離陸時の前輪位置にも注目)

17open123
 オープンクラス表彰

18bj123
 ベンジャミン表彰

19elite123
 エリート表彰

表彰式を終えてウロウロしていると、寺井さんが声をかけてエリート集合写真を撮影することに。カメラマンが多く、「どこ見りゃいいの?」と笑うエリート達の顔もホンワカとして印象的だった。

20eliteall

|

« 2010全日本 | トップページ | 5.02全日本R1 part2 »

コメント

遠方よりの参戦お疲れ様でした。
大会レポートを書いて頂くと主催側としては色々参考になりますし、とても励みにもなります。
5年ぶりの椎の郷での全日本は、若いスタッフ中心で運営しました。ところがベテランの私が足を引っ張る結果となり海より深く反省しております。
厳しい指摘などもあると思いますので、責任者である私に遠慮なくご指摘願います。

投稿: 安間 | 2010.05.14 18:22

安間さん、楽しい大会をありがとうございました。
主催する側としてはアレやコレやと反省点もあろうかと思いますし、私も昨年、一昨年と全日本の裏方として携わり色々と思うこともありました。
けど、今回は選手や家族のホンワカした笑顔が全てを物語っていたと私は思っています。

だけど、続けるのって大変ですね。
こっちもそろそろ準備に入らないといけませんが、疲弊しない程度に脱力して頑張ろうかと思います。

投稿: MAS | 2010.05.14 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010全日本 | トップページ | 5.02全日本R1 part2 »