« 土砂降り土曜日 | トップページ | 第6回灰塚CUP part2 »

2010.07.05

第6回灰塚CUP(ゴクセンR1.1)

part1  part2  リザルト

春に大会がなかったので、やっとこさという感じもある中国選手権の開幕。
前日は時おり土砂降りの中でのセクション設営となったが、大会当日は晴れ間も見える奇跡的な天気。中四国および九州から45名の選手が集まり、午前(青マーカー以下)と午後(赤と黄)の二部制で大会は行われた。

01all
 青い空も広がる灰塚ダムTRパーク

とりあえず開会式のスナップ写真を中心に簡単にレポ。

02kta
 今回は愛媛からk-ta選手が参戦

03
 開会式はのんびりムード

04
 まったりと準備中

05
 笑顔の下に秘めたる気合か?

06shop
 出張ショップでパーツを物色する選手たち

そして10時に午前の部(青マーカーのMHクラス以下)がスタート。
今回は私もコース設定を身をもって確認する意味でMHクラスに参加してみた。

07lap1
 その結果・・ んー微妙

緑マーカーが出来たので従来よりも青マーカーの難易度を上げた設定に出来たが、結果的にはもう少しムズいというか挑戦するポイントを設定しても良かったように思える。まあ、今回は雨予想のセクション設定だったので、晴れてコンディションが良くなったことで難易度がやや下がる結果になったのは仕方ないのかもしれない。
1ラップで設定は身をもって確認できたので、2ラップ目は10点覚悟でパスをして集計その他の裏方へと戻り、合間に緑な選手をパチパチ。

08sec2takeno
 キレが戻ってきたみたい

09sec3m
 見た目よりムズい3セクの小岩

10sec4m
 ガラ場をいかに進むかが緑の課題か

今年度から緑マーカーのクラスを新設しての中国選手権。昨年までは青をMクラスとしていたが、今回から青はMHクラスとなり、イメージ的には今までの青と赤の中間くらいの設定。そのぶん、新設した緑マーカーのMクラスは少し敷居が低くなって白のBクラスからステップアップしやすくなったと感じていただければ本望。
上のクラスへステップアップされるタイミングは人それぞれだと思うが、今まで多くの人を見てきた経験から言うと、地道にステップアップした人が結果的には長続きして上達している傾向が強いように思う。他地区の大会はちょっと違うけど、中国選手権に限っては、余裕のオールクリーンで優勝してから次年度に上のクラスに挑戦するくらいでちょうど良いのかな、と。
どのクラスで走るかは自己申告。とはいえ、今まで赤を走っていたり、青で優勝経験のある人が緑に出るのは無しでお願いね。いくらなんでも、場の雰囲気ってものがあるので。まぁ還暦を過ぎれば別だけど。

午後の部(HおよびSクラス)についてはpart2で紹介。

|

« 土砂降り土曜日 | トップページ | 第6回灰塚CUP part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土砂降り土曜日 | トップページ | 第6回灰塚CUP part2 »