« 第7回灰塚CUP(ゴクセンR1.2) | トップページ | 9.19呉ポCUP »

2010.09.09

第7回灰塚CUP part2

part1  part2  リザルト  R1.2終了時点での暫定ランキング

part2はセクションの難易度設定その他についてレポる予定・・とpart1に書いておきながら、そこまでたいそうなネタを持ち合わせていなかったので、ちょこっと写真を載せて簡単なコメントでお茶を濁すことにする。

08jyanken
 ウェアを賭けたじゃんけん大会

じゃんけん大会最後の賞品はウェア。勝ち残ったのはじゃんけん大会と言えば・・のO田Jiroさんと、亀プリンス、そして関大フェミナぁずの4名様。『若い子に譲れよ』という周囲の無言のプレッシャーに屈したのか、Jiroさんとプリンスはフェミナぁずに勝ちを譲り、フェミナお二人でじゃんけん真剣勝負。その決勝の様子は動画で撮影したのだが、まぁそれを公開するのはやめておきましょう。

このお二方、全日本最終戦・三次灰塚はフェミナで出場するとのこと。主催者としてではなく、同じスポーツをする者として応援したい。ガンバレ!

続いては、セクションの様子を少しだけ。

09sec1
 1セク最初のゴロゴロ岩

この1セクでオブザーバーしていたのだが、白や緑の選手はこのゴロゴロ岩で苦労していた様子。作った側としては当初の意図通りだったので嬉しい面もあるのだが、漠然と下見をせずにしっかりポイントを見極めれば、もう少し楽に抜けることが出来るのに惜しいなぁ、という思いも。終わってからしっかりおさらい練習した人にはヒントがつかめたかもしれない。しっかりポイントを見極めての練習、コレ大事ネ。(と自分にも言い聞かせる)

10sec5
 5セクの林間斜面

今回の林間セクションでは、白や緑については比較的易しめの設定としたのだが、ふだんフラットな場所でしか乗っていない人には(実際の減点数は別にして)意外と難しかったのかもしれない。簡単そうに見えて走ると『うわっ?』だったり、その逆だったり。といっても、フラットな場所でも工夫ひとつでいろんな練習はできるわけで、要は様々な場面をイメージして練習できるかどうか、ってことでしょうかね。なんか具体的に分かりにくいだろうけど。

まぁそんな感じで、灰塚CUPレポは尻切れトンボにて失礼をば。

|

« 第7回灰塚CUP(ゴクセンR1.2) | トップページ | 9.19呉ポCUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回灰塚CUP(ゴクセンR1.2) | トップページ | 9.19呉ポCUP »