« 原瀧杯 part2 | トップページ | 第38回呉ポートピアCUP »

2012.10.25

キッズ検定&とらごっこ

10/21は福岡で開催された自転車キッズ検定とらごっこに参加。これはオフロードバイシクル九州(略してオバQ)さんが主催するイベントで、キッズ検定ってのはJMA日本マウンテンバイク協会が様式を決めてやっているもの。んでとらごっこってのはMTBでトライアルっぽく遊んじゃおう!って感じのイベント。どういうルールなの?とか詳しいことは当日のレポや成績表も含めてとらごっこblogにあるのでご覧あれ。ちなみに、オリジナルはオカッピのどてとらだそうです。

ちなみに、このイベントのために福岡に行ったわけではなくて、昔いた会社の元同僚からの応援依頼で水曜朝から土曜夜まで博多で仕事していて、せっかくだから日曜は少し遊んで帰ろうか・・・という流れの中でのこと。滅多に九州で仕事することは無いもんでね。

1210210011

土曜は夜9時過ぎになんとか仕事が終わり、元同僚と二人で軽く駅近くでお疲れさん飲み会。もつ鍋などなど美味しく頂戴して、場所をかえて屋台でおでん肴に焼酎ロックで飲んでラーメンで〆。

1210210033

そして、日曜は気持ち良く目覚めて会場へと。

1210210858
天気も良くて最高の行楽日和

1210210928
受付してから簡単な説明

キッズ検定は10級から1級まで課題が決まっていて順番に進行。
ちなみにキッズという名称がついているけど大人でもOK。

1210211005
8級:一本橋走行(助走3mで幅25cm長さ3.6mの一本橋を渡る)

1210211024
6級:アメ取り(助走3mで片手乗車で1個のアメをつかむ)

1210211104
1級:スタンディングスティル(助走3mで、2mの枠内で足をつかずに10秒静止)

静止とあるけど、枠内をゆっくり走ってもOK。子供用の自転車ならギリ回れるかもしれんけど、大人用の自転車では回ることはできんけどね。トライアルやってる人なら、逆に止まらずに、もちろんバックもホッピングもせずに、どれだけ狭い場所で回れるか?やってみると楽しいかも。

1210211115
とりあえず1級に認定(ワーイ)

でも、意外だったけど7級が一番難しかったね。1.2m間隔で置いてある6個のパイロンをすり抜けるスラロームっての。

以上でキッズ検定は終了し、11時半前に少し早めの昼食。
そして、午後のとらごっこは場所を少し移動してツートラ風に。

1210211223
最初のセクションに向けて気持ち良く土手を走る

1210211224
移動すること自体が楽しいってのがイイね

1210211226
到着するとその場で素早くセクション設定(Qmeさんkazさん)

1210211231
みんなでアレコレ言い合いながらセクショントライ

1210211253
そんでもって次のセクションに向けまた移動

1210211300
マーカーの置き方次第で意外とムズくなる

1210211311
競技!って感じじゃないのでマッタリ和気藹々と

1210211317
そしてまた移動

1210211320
なんだかピクニック気分

1210211333
階段をスムーズに横切るのは非常にムズカシイ
(ホッピングで刻んで行くってのはナシなのね)


参考までに惜しい1回の減点だけで見事に抜けた方の動画↑

1210211352
そして最終セクションに到着

1210211359
ちびっ子にもちょっとした段差下り
(私はもうチョイ左側を勢いつけて気持ちよくドロップオフ)

1210211400
大人はちょっとムズい上りが主催者の足着き狙いポイント

1210211419
終わったね!と気持ち良く自転車を走らせ戻る

1210211427
おつかれさまでした&ありがとうございました

思ってた以上に楽しかったですね。
久々のMTBだったけど、トライアル的なホッピングを規制されると何もできない自分にも驚いたわけですよ。それにひきかえ、XCライダーの方々は漕ぎが上手い。グイグイと、でも確実にグリップさせながら上りでもキャンバーでもタイヤを転がす。あらためて自転車ってのはタイヤを転がして走るものなんだね!と実感。

1210211447
いい感じの距離ですね(午前中のうろうろ含む)

1210211511
今回参加したのはこのMTB(パナソニック26インチ)

ちょっと転がして走るのが面白くなったので、10/28の呉ポーCUPはこのMTBで青に出ますんでヨロシク。ただ、ポジションとかタイヤに問題があるので、ステムやハンドルも持ち合わせで交換、タイヤだけは新調して挑みますけどね。

|

« 原瀧杯 part2 | トップページ | 第38回呉ポートピアCUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原瀧杯 part2 | トップページ | 第38回呉ポートピアCUP »