« 開催決定★おためし灰塚プチCUP | トップページ | 審判員講習会 »

2013.05.04

BCJ全日本選手権R1山口県幸楽

またまた慌ただしく大会レポでありまして、今度は4/28に山口県下関市のフィールド幸楽トライアルパークで開催されたBCJ(日本バイクトライアル連合)主催の全日本バイクトライアル選手権第1戦となる山口県幸楽大会。
この大会については、4月初旬の会場下見から私もちょこっとお手伝い。山口での開催となるんだけど、主に大会をつかさどっておられるのは関西在住のBCJ役員さん達。本州最西端に出向いて大会を主催されるだけでも大変だろうし、多少は会場に近い私に出来ることがあれば、と思って。幸いにも仕事も落ち着いてきたので、大会前々日の金曜の朝から会場入りしてセクション作りのお手伝い。まぁ、金曜の夜に中学の同級生と山口でプチ同窓会するのが主目的だったんだけど。(金曜の夜は予想通り酒に溺れて頓死して土曜の午前中は役立たず)

そんなこともありながら、4/28(日)は絶好の大会日和。
130428bcj_obs
大会当日朝のオブザーバーミーティング

とても温かい雰囲気のいい大会でした。競技は午前中が年少クラスとオープンで、午後がエリートとJセニという二部制。オブザーバーは、午前の部が山口や九州などの愛好者や午後参加選手の家族が中心となり、午後の部は午前参加選手の保護者が中心。前日に役員さんが「お父さん達に強引にでも頼むから」と笑いながら話しておられましたが、BCJ役員さんの『みんなでつくる』という大会に少しづつ近づいてる気がしましたね。
最近は、大会というとお客さんとして参加するのが当たり前と考えてる人も多い気がします。もちろん、それはそれで悪いことではないし、そういう大会へのスタンスを否定するつもりはないけど、そればっかりになると大会を担う人はどうなん?ってことです。仕事でやってりゃ別だけど、そうじゃないしね。これは全国的な大会だけじゃなくローカルな大会も一緒のことかな。

2分ほどの短編だけど大会の雰囲気が出てる動画を紹介。
 20130428 BCJ山口県幸楽大会 ダイジェスト

さてと、そろそろセクション写真をダダーっと羅列しておきましょうかね。
(5/6 写真およびコメントを追加)

130428bcj01map
セクションマップ

1セク
130428bcj02s11

130428bcj03s12

130428bcj04s13

2セク
130428bcj05s21

130428bcj07s22
木の根斜面をトラバースする区間がベンジャ(緑)のポイントかな

130428bcj08s23
ベンジャ(緑)ポイントはこれまでだけど残りの沢移動区間が焦るかも

130428bcj09s24

130428bcj10s25

3セク グループB(ミニメ以下とオープン)
130428bcj11s3b1
オープンは最初だけミニメ(青)と一緒で残りはベンジャ(緑)と一緒

130428bcj12s3b2

130428bcj13s3b3

3セク グループA(ジュニアセニアとエリートのみ)
130428bcj14s3a1

130428bcj16s3a2
エリートの最初のポイント(いきなり左に上がってもいいけど高すぎる)

130428bcj17s3a3
離陸地点を丸印に限定しようかと思ったけど優しさ80%で設定

130428bcj18s3a4
エリート最後のポイント(丸印の挟みマーカーは不要だったと反省してます)

130428bcj19s3a5
下にマーカーあるので上でダニ回転できなくなった 「ゴメンナサイ」

4セク
130428bcj20s41

130428bcj21s42
足着きで行く選手が多かった赤の第一関門(ちょっと意外・・)

130428bcj22s43
赤と黄色の主要関門(ここも赤でトライした人は少なく意外・・)

5セク
130428bcj23s51
インしてすぐに気持ち良く?ダウンヒル(プッシン以外の全クラス)

130428bcj24s52

130428bcj25s53

130428bcj26s54
最後の下りはスピード注意

6セク
130428bcj27s61
個人的にはこういうセクションが好きですね

130428bcj28s62
下って登って下って登るヒイハアなセクション

130428bcj29s63

7セク
130428bcj30s71
起伏は大きくないけど少しテクニカルな沢セクション

130428bcj31s72
BJU時代の全日本(九州主催)でも使ってた気がする黄色ポイント

130428bcj32s73

130428bcj33s74
ミニメは青矢印に行かせるつもりがマーカー設置し忘れた

130428bcj34s75
こんな感じの全7セクション(私は一部のセクションを設定お手伝い)

午前はベンジャミン選手のマインダー、午後は4セクのオブザーバーをやっていたので、競技中の写真は選手を待ってる間に少し撮影できただけ。なので、セクション写真の次は表彰写真。

130428bcj35heli
の前に 未確認浮遊物体現るの図

130428bcj36heli
6枚ローターのラジコンヘリでカメラ装着して会場上空を飛んでいた
(ハチの大群が飛んでるの?みたいな音だった)

130428bcj44fin
表彰式

130428bcj38op
オープンクラス表彰(青黒マーカー)

130428bcj39ps
プッシンクラス表彰(白マーカー) もっと増えると楽しいネ

130428bcj40bj
ベンジャミンクラス表彰(緑マーカー)

130428bcj41mm
ミニメクラス表彰(青マーカー)

130428bcj42js
ジュニアセニアクラス表彰(赤マーカー)

130428bcj43el
エリートクラス表彰(黄マーカー)

130428bcj00shower
表彰式最後のシャンパンファイト(各クラス3位まで)

ちょっと現地で撮影したリザルト表に少し追記してみた。こうやって見てると反省点だったりナルホドだったり色々と気付いたりして密かにフムフムと思っておるのです。

130428bcj45resultb
グループB リザルト抜粋

130428bcj46resulta
グループA リザルト抜粋

BCJ全日本選手権の第2戦5/26鳥取大会ヒロスポーツ(map)
(鳥取市鹿野町末用鬼入道

関西方面からだと、中国自動車道の佐用JCTから鳥取市に接続する鳥取道(無料高速)が今春に全線開通したので、かなりアクセス的には楽になってるんじゃないでしょうかね。広島より西からだと米子道の湯原ICで降りて下道を行く従来ルート以外にも、中国道の三次東JCTから今春開通した松江道(無料高速)を経由して山陰道(一部有料区間あり)や国道9号バイパスを使って日本海側を東進するルートも良い(ちょっと距離増えるけど燃費がイイ)と聞いてます。三次から200kmくらいで3時間チョイでしょうか。

|

« 開催決定★おためし灰塚プチCUP | トップページ | 審判員講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開催決定★おためし灰塚プチCUP | トップページ | 審判員講習会 »