« 2013Jシリーズ#2中部大会 part1 | トップページ | 8.25は第10回灰塚CUP »

2013.07.27

2013Jシリーズ#2中部大会 part2

part0.1  part1  part2  リザルト(PDF)

百年公園での大会といえば最近では『かぶどん』が知られているが、全国規模の大会といえば2007年と2008年のGWに開催された(今は無き?)BJUの全日本以来ということになる。あの時も気合いの入った数々の人工セクションを設定されていたなぁ、と当時のブログ(2007年版,2008年版)を読み返して思い出していた。
当時はオープンBも含め年少クラスに参加していた選手が、今大会ではカデットやジュニアだったり、エリートだったり。そして、当時トップカテゴリーで活躍していた板取ライダーの何人かは、大会サポートでセクションを準備したり審判したり。時の流れを感じつつ、どういう関わり方であっても続けるってのは『いいね!』と。

そして、当時はオープンA選手として出場していた私は、立場を変え今回は傍目には暑苦しげな空調服を着た怪しい審判員。
いや、何度でも言うけど、涼しいのコレ! 見た目に難ありでも、涼しいの!

Fan_jacket

あの当時は45歳だったけどオープンでは最年長だったのですね。もちろんJセニには鉄人N崎師匠がおられたので、全選手の中で私は最年長にはならないのだけど。にしても、広島県勢が集まってパドック泊して賑やかにやってた頃が懐かしい。
こんな思い出話に浸るのはオッサンやね。前を向いて行こ!

当時はGW時期だったこともあって公園自体が賑わっていて、一般入場者も多く観戦していたことを思い出したが、今回はどうだったのだろう。結構な数の人が見に来られていたので、『ふと公園を訪れてみると大会やってると聞いたので観戦した』という方もおられたのではないだろうか。

130714game1
Jシリーズのセクションに真っ向から挑む選手と多くの観客

130714game2
大会終了後はスポーツキッドさん提供品の争奪じゃんけん祭

さて、これで今年のJシリーズも半分が終了したことになる。残るは9/15に奈良県五條市のオートキャンプ場カルディアで開催される第3戦と、11/3に広島県三次市の灰塚ダムトライアルパークで開催される第4戦。ちなみに第3戦のエントリー締切はあと1ヶ月。
色々と準備をしていかなくては、あっちゅう間に時間が経ってしまいますぞ。コミッセールの打合せは8/25の灰塚CUPでやるとして、セクション構想とかも少しづつ考えていかんとね。誰がというわけではなく、みんなで作り上げていく大会が一番だと思うんよね。
関係者の皆さん、よろしゅうに。それと、奈良の第3戦に広島から団体で行かない?

|

« 2013Jシリーズ#2中部大会 part1 | トップページ | 8.25は第10回灰塚CUP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013Jシリーズ#2中部大会 part1 | トップページ | 8.25は第10回灰塚CUP »