« エントリー開始 | トップページ | 2013Jシリーズ#3近畿大会 part2 »

2013.09.16

2013Jシリーズ#3近畿大会

part1  part2  リザルト(PDF)←9/18JBTA公開

山梨での関東大会、岐阜での中部大会と続き、第3戦の近畿大会は奈良県五條市のカルディアキャンプ場で開催。ありがたいことに会場までの距離は大会毎に近くなるわけで、我が家から直だと350キロなでの車では4時間くらい。とても近く感じます(^^

130915_1signboard

11月の地元灰塚での最終戦を控え、運営スタッフの目を慣らすためにも「誰か一緒に行かない?」と声をかけていたら、同世代のウナ氏から「んじゃ連れてってくれる?」との反応。少しだけ遠回りにはなるけど、他地区の大会に出かけるのは色々な意味で収穫が多いし、そんな風に外に目を向けてくれる人が一人でも増えてくれると嬉しいわけで、広島市内を経由してウナ氏を乗っけて行くことに。

130915_2parking

日曜の未明0時に広島インターに乗り、近畿道の東大阪パーキングで仮眠をとり、他の三次勢と合流して朝ご飯を済ませ、朝7時すぎに雨が降る会場へと到着。やっぱ雨かぁ

130915_3pre
 だけど選手ミーティングの頃には雨も止んでイイ感じ

130915_fin

で、次はいきなり表彰式の写真。競技中の写真はほとんど撮れず(- -;
当初は、午前(年少クラス)は最終戦の参考という意味でも視察モードに徹して選手の走破性とかも頭に入れ、午後(ジュニア~エリート)は審判のお手伝い、という予定。だったけど、台風が接近してるので午後から天気が更に悪化する恐れもあり、もしもダムの放流があれば川沿いのセクションは閉鎖せざるを得ない、等々の状況から、主催者の判断で午前中から全クラス同時スタートすることにスケジュール変更。
そんなこともあって審判スタッフが足りない状況になったみたいなので、「今回は見るだけ」のつもりだった同行者ウナ氏も審判をすることに。結局は3セク担当がT屋パパと私とウナ氏の3人になったので、ウナ氏には選手コントロールとパンチをやってもらうことになったんだけど、「あれも結構大変だね」と終わってからの感想。だと思うんですよね。選手に気持ち良くトライしてもらうためには、色々考えて無駄の無いように、だけど間違わないようにしなきゃダメなわけで、最終戦に向けてのスタッフ講習等の準備でもウナ氏に活躍してもらいましょう。ありがとう&ヨロシク!

さてと、JBTAのサイトで早いうちに公式リザルトが公開されるとは思うけど、会場で撮影したリザルトをペタペタ貼っておきましょう。(写真クリックで拡大)

130915r1e20

130915r2e26

130915r3jr

130915r4cd

※1)現地につけてあったセクション番号とリザルト表のセクション番号は異なっています。午前の部と午後の部が共通だった箇所とそうでない箇所があり、現地には1~8の番号がつけられていました。リザルトは使わなかったセクションを除いて番号を振り直したものと思われます。

※2)川沿いのセクションが2ラップ目に増水の影響で閉鎖されたようです。もしかするとクラスによって全選手がトライしたかしていないかで有効無効の判断が異なっているかもしれません。リザルトを見た感じではエリートの1セク5セクとマスターズの6セクが2ラップ目に全員0点となっているので、これが閉鎖セクションに該当するのかもしれません。だから、その部分はクリーンを出しているわけではないのかもしれません。出してたけど無効になっていた可能性もありますがね。

130915r5mi

130915r6bj

130915r7ps

130915r8wm

130915r9ms

part2はちょっとだけセクション設定などを写真で紹介する予定。

|

« エントリー開始 | トップページ | 2013Jシリーズ#3近畿大会 part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エントリー開始 | トップページ | 2013Jシリーズ#3近畿大会 part2 »